HOME社長ブログ > 無垢床のマンションリノベーション

無垢床のマンションリノベーション

マンションの床材を無垢材で貼って欲しいという

お話しは、以前からよく頂いていたのですが防音材を使っても、

無垢床材は、管理組合からの許可が降りないマンションがほとんどでした。

ところが、

今月は、立て続けに無垢フロアでもOKな工事が決まりました。

マンションの管理組合の理解がふかまったのでしょうか・・・。

嬉しい事です。

1件は、尼崎市のマンションで来週から工事が始まります。

お施主様の要望は、

『バリ島の雰囲気で』というものです。

床材は、eggのショールームに貼ってあるスクラッチの入った

こげ茶色のバーチの床材で決まりました。

eggのショールーム
このフロア材は、なかなかスグレモノです。

  アンティーク調に入ったスクラッチのおかげで

  コマ付きの椅子が付ける細かいキズが

  ほとんど目立ちません!!

 

リビングを中心にフロア貼りがメインのリフォームなので

工期も短く、月末には竣工です。

2件目は、茨木市。

eggから車で10分のマンションです。

こちらは、ほぼスケルトン工事です。

床は、赤松30mmがメインですが

1部屋だけ、尼崎の現場と同じスクラッチ入りのバーチを使います。

色は、もう少し明るい新色のセンターブラウン色の予定です。

お施主様が階下に気遣って、規定ではL45の防音で良いのですが

今回はL40で仕上げます。

壁も漆喰塗りと、普段戸建の新築でしている仕様をそのままマンションに持ってきています。

着工は、7月からなので、只今、楽しく打合せ中です。

昨日は、出来たばかりのグランフロントのパナソニックショールームで

キッチンの打合せでした。

 

『健康な環境で暮らしたい』

 

というお施主様の希望を叶えるために

リノベーション工事を計画できる私は、とっても幸せ者です♪

 

こちらの竣工は、8月のお盆すぎです。

 

どちらも出来上がりが楽しみな工事です!!

コメントを残す




一覧に戻る