HOMEエッグ住まいる工房の家 > 基礎工事の当たり前

基礎工事の当たり前

鉄筋
鉄筋
仕上り全景
仕上り全景

100年持つ家の基本はまず基礎工事にあります。

エッグ住まいる工房では、標準基礎は〈べた基礎〉です。

基礎幅は通常12cmのところ15cmとし、土台からくる荷重、地震力を分散させています。

また配筋は、通常では30cm間隔のところを20cm間隔で組んでおります。


この基礎工事で特に拘らないとならないところは正確な鉄筋配置とコンクリート被り厚の確保、

そして現場で打設する生コンクリートの品質確保です。


エッグ住まいる工房では瑕疵保証保険登録による配筋検査受検は当然ですが、

各現場のコンクリートテストピースを(一財)日本建築総合試験所等の公共試験所にて破壊試験を行い、

その報告書を入手・提出して強度を確認しております。


テストピース現場採取時
テストピース現場採取時