HOME新築施工事例 > 2つの動線を活かし、視線を配慮した三角地に立つ家(茨木市)Vol.53

2つの動線を活かし、視線を配慮した三角地に立つ家(茨木市)Vol.53

茨木市 M様邸

・玄関から洗面室やキッチンへ回れる動線がほしい
・床をブラウンに着色したい


M様邸
リビングの上全体がそのまま吹抜けになっており、

その開放感と上部から光が降り注ぐ心地よさ。

リビングに座ると思わず高い天井を仰いでみたくなりますね。

M様邸
吹抜けの上を渡る空中廊下
M様邸
玄関からシューズクロークを抜けて

洗面室からトイレ、キッチンへと最短距離でいけます。
M様邸
洗面室は造作の洗面台にボールをつけてシンプルに。


M様邸
圧迫感のないヌード階段は

ゆるやかな目かくし的存在にもなっています


M様邸
キッチンは回遊でき、ここにも便利な動線が活かされています
M様邸
リビングの続きに設置された和室には縁側も設けられ

独立感のある位置に配置されています。
M様邸
1階から2階まで、床はすべてダークなブラウンに着色され

シックで落ち着いたイメージになりました。

一覧に戻る