HOME竹澤彰規会長ブログ > 淀川再発見・大発見

淀川再発見・大発見

 私は昨年11月末に母親がひとりで住む尼崎市の実家に17年振りに家族全員で帰りました。

そこで、かねてから考えていた尼崎市から摂津市の事業所までの距離約19キロ(この距離は大阪モノレールの大阪空港駅から大日駅ちょっと手前くらいまでです。)を自転車で通勤するという遥か昔からの夢を思い出し、密かに実行したのです。
この夢を実行するにはまず、交通の安全が不可欠ですよね。
 行程はまず尼崎市から国道2号線で東に走ります。
だいぶ以前に国道2号線の自転車道が整備されているのは知っていました。
2号線で淀川に出て、そのあとは、これまでもハゼ釣りによく行っている淀川河川敷をどんどん上流へ走るのです。
この河川敷は勝手知ったる道ですのであまり心配はしていませんでしたが、これがなかなか曲者でした。
まず照明設備が全くないので夜間走行(今の季節は行きも帰りも夜間走行になる。)には全く不向きであった事です。

 でも自転車のライトを頼りに堤防に上がったり河川敷に降りたりと、結構苦労しながらも、なんとか約1時間15分で快適に到着する事ができました。
この時期でも、やはり結構汗だくでした。
 そこで淀川大発見、再発見のレポートです。
この素晴らしい景色をご覧下さい。
まず帰りに見た素晴らしい夜景!(十三より梅田方面の景色です。大阪駅ビルやホテルヒルトン、ヘップファイブの観覧車などもはっきり美しく見えています。)
夜景
続いて往路で見た朝焼けと力強い夜明け。
思わず自転車から降りて見とれてしまいました。
夜明け前
毛馬のこう門です。
夜明け
 これはちょっと予想外のお値打ち発見です。
メタボ対策と腰痛対策と思って始めたのですが、何よりも精神衛生のリフレッシュ、心の洗濯ができそうです。
これからどんどん日が長くなり、季節の移ろいを身近に感じ、美しい景色も楽しむ事ができそうで、ちょっとハマってしまいそうです
またご報告します。
愛車とポーズ
竹澤

一覧に戻る