HOME竹澤彰規会長ブログ > マイホーム学院卒業旅行

マイホーム学院卒業旅行

去る9月21日から毎週木曜日の8回に渡り進めてきました当社主催のマイホーム学院がめでたく11月9日の修了式を終えました。最終回終了後にみなさんに戴いたアンケートでは1回3時間×8回コース=延べ24時間もの研修時間があったのにもかかわらず、

「もっと詳しく勉強したい、時間が足らなかった」との嬉しいご意見と感想を戴きました。また設問で『マイホーム学院上級コースを受講したいですか?』には8割の受講生から受講を希望するとの熱いご要望を戴きました。現在上級コースの開校を検討しています。(嬉しい悲鳴)
 また修了証書を授与したあと、学院生の皆さんから「早かったね、終わってしまうの、寂しいねえ!」との声を受け、『卒業旅行』を企画し、楽しく行ってきました。
この卒業旅行は今、シーズンたけなわの紅葉の京都高雄を経て、京都府京北町にあります床柱などに使われる磨き北山杉や絞り北山杉の産地メーカーさんの『上野銘木店』を訪ねる日帰り旅行です。
 マイクロバスで行く道中は学院開催中もそうだったのですが楽しく賑やか賑やか。
紅葉もやはり期待通りで見事な秋の風情が私達を迎えてくれ、車内は感嘆の声がいつまでも続いていました。
見事な秋の風情
日帰り旅行ですので時間がなく、車をおりて散策できなかったのが少し心残りでしたが、是非ご家族と改めておいでください。
 さて北山に到着、上野銘木店の上野専務さんが迎えて頂き、まず最初に磨き丸太の皮剥きの実体験をさせていただきました。上野専務は写真で見るように一見入道和尚のような風貌ですが大変優しく丁寧に説明してくれます。

磨き丸太の皮剥きの実体験
この原木の皮剥きは力のいる大変な作業ですが以前は女性の仕事でそれはそれは苦労して磨き丸太を作っていたそうです。いまでは写真にあるように超高圧水で皮を飛ばしていく作業に改善されています。
超高圧水で皮を飛ばしていく作業
このあと在庫されている磨き丸太、絞り丸太を見せて頂きましたがその太さと長さや種類、本数に圧倒されながら説明を受けました。
磨き丸太、絞り丸太
また小径の丸垂木などに使われる為の台杉という変わった杉の見事な枝振りも印象に残りました。この台杉は庭園の庭木や盆栽にも喜ばれているそうです。
台杉という変わった杉
ひと通り見学させてもらったあと、これまた楽しみの地元で有名な
ボタン鍋の『登里昭』さんにお邪魔しました。
このボタン鍋は地元産の猪肉の味はもとより、ダシはよく使われる味噌風味ではなく、地元で採れたセリやミツバやキノコ類がふんだんに入った山椒風味の独特 の味で学院生の皆さんも感嘆の声が溢れ、大変美味しくいただきました。私は2回目でしたがやっぱり美味しい。皆さんも「次ぎは家族と一緒に」と色々計画を されていました。
ボタン鍋
お腹一杯で帰途につきましたがご主人へのお土産の地酒を持って、頭もお腹も満足ご機嫌の1日になりました。学院生の皆さんは「今度は同窓会をしましょう」とメールアドレスや電話番号をやりとりし、本当に楽しい仲間になりました。

このマイホーム学院では家づくりについて、様々なテーマに沿って勉強を進めてきましたが今後の皆さんのこだわりの家づくりに是非活用していただきます事を心より期待しております。
長期間に渡り参加していただき本当に有り難うございました。
今後も長いお付き合いが出来ましたら幸いです。

 この第1回マイホーム学院はおかげさまで無事楽しく終了する事ができました。
来年2月には第2回を開催致します。
興味がお有りのかたは是非メールかフリーダイヤルまでお申し込みください。

一覧に戻る