HOME竹澤彰規会長ブログ > 楽しい打合せ

楽しい打合せ

昨日(2月4日)今春から着工します純和風住宅の打合せをさせて頂きました。
この住宅は木造在来工法で2階建て入母屋作りの建物で延べ面積がなんと約80坪もある、大邸宅です。

 このお客様は住宅の建て替えを計画された時、大手の住宅メーカーと地元の工務店さん、そして私共エッグ住まいる工房の3社の中で検討を進められましたが、結局細やかな打合せが出来、その内容も濃い、そして施工能力を認めて頂き、我が社を選択して戴く事ができました。

 今回の打合せには私と設計室長の宮本、チーフマネージャーの竹沢弘子の3名で伺いました。
私達3名が揃うと自ずとそれぞれのパートが決まっています。
その中身を紹介しますと、
建築計画、申請関係、設計詳細については設計室長の宮本泰彦が行い、資金計画に始まり、建物内の動線計画やキッチン・ユニットバス・トイレ等の設備工事計 画、特に主婦の目線に立ったイメージ作りのパートはチーフマネージャーの竹沢弘子が行います。そして工事施工に関する事や解体工事、基礎工事、外構工事等 の実践内容のパートは私、竹沢彰規が得意としていまして、カバーしていきます。

 この3人のチームワークはちょっと皆様に自慢したいところです。
お客様から見ても、打合せの話題が変わるとすうーっとそのパートが知らぬ間に参加してくるその間合いと言いますか、タイミングは、まあそんじょそこらの住宅メーカーやローコストビルダーにはとてもじゃないがマネのできない芸当だと自負しています。

 以前にもお伝えしましたが当社には専任の営業マンはおりません。
「私は営業の誰それです。」と言っていて、営業マンのような顔をしていても、社員は全員がインテリアコーデイネーターや建築士といった専門職の技術者集団なのです。(13名の内、建築士が8名、インテリアコーデイネーターが3名、他には簿記や事務系の有資格者です。)
 前述しましたように私達建築士やインテリアコーデイネーターなどの専門職にも得手不得手があるのですが、私は常日頃、「人間なんだから不得手があっても良い。しかしその得意な分野ではひとに負けない技術を磨き、自己研鑚を忘れるな。」と言っています。

 前述の3人のチームワークは抜群ですが、他メンバーも含めて総勢13名、どんな状況でもそのニーズに合わせたケースバイケースの最強チームを組んで対応させて頂いております。
また皆様のご期待に応えられるよう、日々勉強と研究・スキルアップに努めています。

 Expect our PASSION

これは当社のポリシーを表わし、コーポレートメッセージとしているもので、その意味は
【 私達の情熱にご期待ください。 】というものです。

 これからも全社一丸となり、メッセージに恥じない会社を進めて参ります。

一覧に戻る