HOME竹澤彰規会長ブログ > 気合の着工式

気合の着工式

 K様邸の着工式を挙行しました。
今回の住宅は在来軸組工法の入母屋屋根の一部二階建て本格和風住宅で規模も大きく、延べ約77坪あります。

 
 当社は全ての住宅新築工事の着工前に着工式を実施しています。

この着工式とはK様邸の工事の着工にあたり、当社スタッフを始め、協力業者の皆さんも含めたK様邸新築工事プロジェクトチームを結成し、施主様にご紹介し、全員がそれぞれこの工事に入る気構えと思いを述べ、強固なチームワークを結成する為のものです。

着工式1
このセレモニーを行う事で施主様と私達工事に携わる者との距離が一挙に近くなり、施主様のお顔が間近に感じられ、頑張る気力が沸いてきます。
今回の新築工事は築150年以上の古民家の建て替えになります。

 施主様からは「何代も続く家系のなかで、家の建て替えという大きな節目の代にいる事を大変嬉しく思いますが、逆にその責任も重く、100年・200年住める家を作ってください。」という大変重いお言葉を頂きました。

着工式2
着工式を行う度に思う事ですが、私達は勿論の事、この工事に携わる全ての業者、作業者が今一度気合を入れて工事スタートを切る、強い気持ちを新たにした感動の着工式でした。

 コンセプトは『100年住宅』『安心・安全・健康の家』。
さあしっかりとチームワークを組み、竣工式を施主様は勿論、全員がもっともっと素晴らしい笑顔で迎えられるよう頑張って参りましょう。

一覧に戻る