HOME竹澤彰規会長ブログ > アイネットタウン設立お披露目会

アイネットタウン設立お披露目会

昨日、茨木市クリエイトセンターでアイネットタウンという事業組合が設立お披露目会を開かれ、お招きを頂き、参加してきました。

 
 この【 i-netown.com 】とはビジネス情報ポータルサイトを運営し、地域企業のネットワーク化を進めると共にその出来上がったコミュニテイをサポートしていこうという新しい団体で、主宰するのが寺本さんと佐多さんという女性のお二人です。

 その組織は『 アイネットタウン有限責任事業組合 』という何やら中国の合弁企業のような名前ですが、一昨年の会社法の改正により作られた、新しい会社組織の形です。
現在での会員企業は約15社らしいですが、私も含め、この新しい企業(組合活動)の形に興味を持ち、まだまだ参加企業は増えていくと予想されます。

 組織の活動内容を具体的に述べますと(私が正確に把握しているかどうか自信が持てませんが)、現在の活動では【 i-netown.com 】というサイトを立ち上げ、そのサイトに一般企業が広告ページを登録し、相互リンクでコミュニテイを形成していこうというものらしいです。
 ここで特筆すべき点はその広告ページの登録費用が月々たったの¥1,050円のみという事です。
このサイトがどんどん大きくなり、アクセスカウントが増加していくようになれば、この¥1,050円という金額は驚きの金額となっていくでしょう。
また将来はその会員企業同士のネットワークを構築し、お互いの事業を通して相互の営業展開も進めていこうという、言わば今時(いまどき)のIT企業なのです。

 しかし、今時(いまどき)とは言え、私達の持つIT企業のイメージとは少し違っているのはこの女性お二人の明るく、暖かいキャラクターのせいでしょうか。
お二人とも、とてもITの最先端を走るようなイメージはなく、ご本人達もおっしゃっていましたが、「デジタルの時代だからこそ、アナログにこだわり、心のこもったサービスを心がけて行きます。」というご挨拶が印象に残りました。
 
 この考えは私も全く同感で、『この速く忙しい時代だからこそ、笑顔の見える表情豊かなフェイスツーフェイスのサービスを何よりも大切にしよう。』と社内でも常に言い続けています。

 今後のアイネットタウンのご発展をお祈りしますと共に、当社も是非登録させて頂き、新しい息吹を戴きたいと思っています。

 楽しいお披露目会に参加させて頂き、有り難うございました。

一覧に戻る