HOME竹澤彰規会長ブログ > 国際品質規格ISO9001:2000維持審査

国際品質規格ISO9001:2000維持審査

 昨日より2日間にわたり国際品質規格ISO9001:2000維持審査(サーベランス)を受けました。
 このISO(アイエスオー)9001とは日本を始め、世界約140カ国が加盟する、国際標準化機構が2000年に制定された国際標準規格を翻訳し作成された『品質マネジメントシステム』言わば、『仕事のやり方』を細かく規定した日本工業規格です。

 サーベランスは3年に一度の更新後の毎年実施される維持審査で認証機関の(財)日本建築総合試験所システム認証センターが行います。
当社ではこのISO9001:2000規格を取得、運用する事により、より安定した正確で安全な製品(住宅)を実現、ご提供しております。
サーベランス(維持審査)の様子
サーベランス(維持審査)の様子です。
《経営者の責任》から始まり、顧客重視に関する事、品質方針や設計・開発に関する事などなど、多岐に渡る100ページ以上に上るマニュアルや規定集を1ページ1ページ細かく確認されています。
また決められた規模以上の工事の品質記録や設計記録などもチェック項目です。
全ての記録の適合状況が確認されます。


 このサーベランスの最終結果として1件の観察事項を受けたのみで無事終了しました。
また審査員の方より、「よくマニュアルが活用され、活動されている。今後もこのシステムを前向きにマネジメント(経営)のツールとして経営の役にたててください。」とお褒めの言葉を頂きました。


 このお言葉通り、真のお客様満足を目指す為にこのツールを活かし、今後も活動を進めていきます。

一覧に戻る