HOME > 耐震診断・耐震補強

耐震診断・耐震補強

あの忌まわしい阪神淡路大震災から十数年が経ちました。
私達はあの悲しい出来事を絶対に忘れてはなりません。あの日時、10万棟以上の住宅が全壊し、亡くなられた6400余名の90%もの方々が1階に住み、そ れも愛着を持った我が家や家具の倒壊によって命を奪われたのでした。さぞ悔しく残念であったと思います。こんな悲しい出来事があってもよいのでしょうか?
また全壊した建物の95%以上が昭和56年以前に建てられた建物だとも言われています。


今もあちらこちらで地震のニュースがテレビの緊急画面に出てきます。
この近畿圏にあっても南海、東南海地震の発生確率がこの30年以内に約60%とも言われ、この予測には背を向けていられない状況になってきました。


 私達は後世のためにも安全で安心できる住宅や建物を残していかなくてはなりません。でもだからと言ってすぐに住み慣れた住宅を建て替える事などできるはずもありません。

 ここで今、私達にできる事は今あるこの建物をこれからも安心して暮らせるように耐震強度を確認し、弱点があれば補強改造することで少しでも長く、しっかりした安全な建物を維持する事ではないでしょうか。


 この耐震強度の確認が耐震診断といわれるものです。

わが社の一級建築士、二級建築士は、財団法人日本建築防災協会が主催する木造住宅の耐震診断及び補強方法講習会の受講を終了しております。

耐震診断技術者として当社では、これらの建築士が平成12年に制定された現法規以前の2階建て木造住宅を対象に、 国交省住宅局建築指導課監修 の(財)日本建築防災協会発行『木造住宅の耐震診断と補強方法』(全364ページ)に則り、耐震診断を実施し、補強方法のご提案を行っております。

是非この機会に耐震診断を実施され、我が家の安全度を確認される事をお勧め致します。
当社の建築士が伺いますので安心してお任せ下さい。


電話でのお問い合わせはこちら

電話でご相談の方は
                


                 または、下記のフォームからお問い合わせください。

            耐震診断のお申込みもお気軽にどうぞ。

  1. ※必須
  2. ※必須
  3. ※必須
  4. ※必須
  5. ※必須
  6. ※必須
  7. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください