HOMEスタッフブログ > 竹澤貫

竹澤貫

2018年11月30日

12月1日 オーナーズイベント~egg FESTA'18~ その2

テーマ:竹澤貫
みなさんこんばんは


「明日のブログで」と書いておりながら日が変わってしまいまして


明後日のブログとなってしまいました





エッグ住まいる工房 竹澤貫です






では前回に引き続き、日付の上では気付けば明日になりました


大型イベント egg FESTA


その内容ご紹介のおじかんです



116-1

『手作りビールセミナー』11:00~


我らがデザイナー 一級建築士小林による

「手作りビールの作り方」をご紹介するセミナー



「いつもよく飲んでいるビールを安上がりで飲みたい」



元々趣味が幅広く好奇心旺盛な小林は

そんな理由からまさかの「自分で作る」という選択をした小林

趣味と実益を兼ねるとはまさにこのこと


お酒好きな方ならみなさん気になるのは同じでしょう


「どんな味するんやろ」


振る舞う分はもちろんご用意済

是非ご賞味あれ


news171222_top
『わくわくキッズスペース』


いつものキッズスペースが

この日限りの超拡大

課長竹澤自前のニンテンドーSwitchを引っ提げて

子供たちがおおはしゃぎできるスペースを作りました

これでパパママが他のアクティビティを

気兼ねなく楽しめるといいな そんな思いで設置しました

皆さんご存知、2F広々イベントスペースを一部開放

是非お楽しみに



img_e18a7acb75b2ddd3e554d8bf46d2cb07501417


『手作りクリスマスパン教室』


前回ご紹介した目玉 オーナー様によるバリスタ―コーヒー

それと同様になんとこのアクティビティ


普段はパンやケーキ作りの教室を開く先生をしている

そんなプロの方に協力していただいて実現したイベント


シュトーレン作り教室


なんでもこのシュトーレンといえば

クリスマスの定番なんだとか

僕その辺全く詳しくないんで知らないんですけどね


オーナー様協賛による2つの大きな目玉の一つ





いやー…改めて考えると


なんともホントとんでもなく大きなイベントになったもんやと驚いておりますが


ご予約が既に100名近くになってるありがたいお話




家づくり関係あるものなくない?」



大丈夫です。気付いてます(笑)


今回のコンセプトはいたってシンプル



「オーナーさんたちに楽しんでもらいたいよね」


その一点につきます




もうじき開場 egg FESTA


ご予約引き続き受け付けておりますので


どうぞお気軽にお問合せ下さい~友だち追加

コメントを残す




2018年11月28日

12月1日 オーナーズイベント~egg FESTA'18~

テーマ:竹澤貫
みなさんこんばんは



11月がまもなく終わろうとしておりまして


という文章を書いたところで気が付きました


驚きですね。。もう年の瀬ですよ。早いなぁぁ


これからまだひとバタつきある頃合いなのではないでしょうか


私も落ち着いて年を越す準備を始めて行かなきゃなと思っております




エッグ住まいる工房 竹澤貫 です




ひとまずは自宅の掃除ですかねぇ





さて、そんなのんびりとした書き出しからですが


まだまだ賑やかなお仕事がたくさん待ち受けておりまして


僕たちのブログをちょこちょこ見て下さってるオーナーさんたちはきっと


既にご予約済の方が多そうやなとおもったりもしてますが(笑)




来る12月1日 つまりは今週土曜日



オーナーズイベント

egg FESTA が開催されます




オーナー様方へ向けて毎年出店していた茨木フェスティバルも


今年は台風によりあえなく中止


それに代わって何かオーナー様向けのイベントをしようということで


こんなイベントを企画することとなりました




『手作り燻製コーナー』

お家でもできる手作り燻製

どんな風に作ってるのか実際に作ってるところをご覧になってみてください

イベント時に実際に作っている燻製はお好きなだけ召し上がって下さいね



IMG_4430

『手作りリース教室』

※予約制で2回実施予定
10時~の部   13時~の部


まもなく訪れるメリークリスマス

クリスマスの飾りつけと言えばクリスマスツリー

でもそれだけじゃなくて

玄関に今年はクリスマスリースを飾ってみるなんてどうでしょ


昨年大好評のリース教室が

今年もまた再びかえって参りました


現在ご予約は各8組ずつ頂いております

…あと1組ずつぐらいがいっぱいですかね(笑)

まだ間に合いますのでお声かけ下さい^^



2f599bcc6a84e396

『バリスタ監修コーヒーコーナー』

すごいことですよ本当に


実はこのエッグ住まいる工房のオーナー様に

バリスタの方がいらっしゃいまして

そのオーナー様のご協力により本当においしいコーヒーを

ご来場の方へ振る舞ってくださることとなりました


いやもうめっちゃかっこいい

バリスタなりたい


数に限りは‥‥多分ございません


どうぞコーヒーに舌鼓を打ちながら、コーヒートークに花を咲かせてみてはいかがでしょうか





img_59d25b1b50c671043553e577efea2d32188415

その他にも目玉イベントがまだまだ

『手作りビールセミナー』

『わくわくキッズスペース』

『手作りクリスマスパン教室』




さてそのご紹介は明日にしておきましょうか


そんな初の試みの egg FESTA


ご来場のご予約まだまだお待ちしております



どうぞお気軽に


お問合せくださいませ(*'▽')友だち追加






コメントを残す




2018年11月4日

災害対策としてのエネファームについても考えてみる

テーマ:竹澤貫
みなさんこんにちは


いよいよ…というか早くも出してしまいました



暖 房 器 具 解 禁



いやほんとに夜寒いんですもん


そんな自宅マンションのお話から始まりました




エッグ住まいる工房 竹澤貫 です




前々回 ですね


書き綴ったブログの反響が大きく
http://www.egg-jp.com/staff_blog/kantakezawa/can-107.html


そのブログでも予告していた通り


今日は【災害時のエネファーム】について考えてみるとしましょう




~おさらい~

point1.太陽光発電システム も 蓄電池 

    どちらも災害対策にはとても効果的である


Point2.太陽光発電システムの災害時発電量の目安

    【冷蔵庫・炊飯器・扇風機・テレビ・ケータイ充電】

     上記家電をほぼ同時に使用できる



     蓄電池(5000W/h)を満充電した場合の発電量の目安

    【冷蔵庫・テレビ・扇風機・ケータイ充電】

    上記家電を3日間使用可能


詳しくは前回ブログをご覧ください


--------------------------------------

(ⅰ ⅱは前回ブログ参照)

ⅲ.エネファームと防災

■エネファームというのは

ガスを燃料にした発電機であり

ガスを燃料にした給湯器でもある機械


発電する時に生まれる熱を利用してお湯を沸かすという

ハイブリッド設備がこのエネファーム


【実際の停電時に使用できる電力目安】

使用可能電力:約700W

・扇風機OK     ・テレビOK

・ケータイ充電OK  ・パソコンOK


※メーカーや家電の大きさなどにより

上記リストの中でも仕様できないものもあります


【設置コスト】

・約150万円程度

※現場状況により金額は前後します


【メリット】

・高い設置費用となるが、月々の光熱費ダウンなどが見込めるため

「災害時の対策"も"出来る」という考え方での設置がオススメ

・太陽光発電システムと異なり天候による影響を受けない


【問題点】

・初期コストが大きくかかる

・建物の外部に設置する大型の給湯設備となるため

現場によっては設置が出来ない場合がある

・「電気とガスがどちらも止まった場合」は何もできない

あくまで「ガスが使える状態である」ことが前提となる






【まとめ】

前回ブログから続く「災害時の停電対策設備機器」の中の第三の選択肢


◎天気が良くないと意味がない 太陽光発電システム

 ※ただし日々の光熱費削減という効果有


◎ガスが使えないと意味がない エネファーム

 ※ただし日々の光熱費削減という効果有


◎どんな時でも使える 蓄電池

 ※ただし 完全に災害対策の設備という認識が必要





この中の〇〇が一番いい


その答えを出すのは少し難しい


でも個人的にオススメしたいのは



どれか一つを選ぶんじゃなく


2つを組み合わせるのがとてもオススメ


その内の一つは太陽光発電システム


それにエネファームを足した「ダブル発電の家」


もしくはそれに蓄電池を足した「自給自足の家」




そんなお金あらへんー!




そんな皆さんには太陽光発電システムのみの設置が推奨かと


そう思っております




もっと詳しく聞いてみたいかたは是非お声かけ下さい


きっとお力になれますので^^

コメントを残す




2018年10月29日

同窓会

テーマ:竹澤貫
1702_kanto_center_039-670x443
みなさんこんにちは




エッグ住まいる工房 竹澤貫です




先週少しばかり私事で週末バタバタしてしまいまして


ブログを書くような気持ちにどうしてもなれなくて


書きたいネタがいくつか溜まってしまってるんですけどね(笑)




そんな週末の出来事について


家づくりなんてまるで関係ないお話ですけど書きたかったので


綴ってみようかななんて思ってます





タイトルをご覧になった方は何について書くかお察しかもしれませんが


実はちょっと違います





つい先日、僕の大学時代のひとつ先輩にあたる人が亡くなりました


32歳


誰の目で見ても明らかな「早すぎる死」






そのことで通夜・葬儀と共にどうしても顔を見たくて、見せたくて


連日参列してまいりまして


そのことでお客様やオーナー様にはお打合せの急遽キャンセルのご相談をさせて頂きました


この場を借りて、僕のわがままにご理解下さった皆様に本当に心から御礼申し上げます。。





亡くなった事情はあまり掘り下げませんが


病気や事故ではなく


でも周りの誰もが予想もしなかった形でその友人は旅立ちました




大学時代彼は本当に僕たち30人程のグループの中心人物で


笑い声や騒がしさの常に中心にいる


そんな人でした




集まった当時の友人達は


自分も含め当たり前のように式で号泣し


ぐしゃぐしゃになって


でも終わったあと集まって話をすると




懐かしい顔が集まって


涙ぐみながら昔話をして


「こうでもせんと全員集まらんとでも思ったんやろか」なんて


そんなことを冗談で言いあったりする


そんな優しい時間が流れました







そういえばもう何年も顔見てないなぁ 元気でやってんのかな



みなさんにもそんな友人はいませんか



年齢や健康とは全く関係なく



本当に突然お別れは訪れるものみたいです





僕はこれを機に かれこれ3年や5年


連絡を取って無かった友人達と連絡を取りました


みんな一様にとても元気そうで 元気そうで



「便りが無いのは元気な証」とはよくいったもんです



みなさんも良かったら


何の用事もなくてもこのブログをご覧になったことをきっかけに


「元気してる?」と一報いれてみてはいかがでしょうか


僕はそんなきっかけをくれた友人に


心から感謝しています
3647900

コメントを残す




2018年10月14日

災害対策としての太陽光発電・蓄電池を今だからこそ考える

テーマ:竹澤貫
gahag-0051355831-1
みなさんこんにちは



先週とは打って変わって昨日お打合せを詰め込んだ結果


こんなお昼時にポンっと時間が空きましたのでポチポチ綴っております






エッグ住まいる工房 竹澤貫です





先日綴ったブログでもこのテーマについてお話したいなと


ほんの少し触れたわけですが


まぁ多い この災害対策のご質問が多いわけです


何せ先日の続いた災害の結果



大阪北部地震⇒一部エリアでガスの供給停止。電気は無事供給


台風21号⇒一部エリアで停電。ガスは無事供給




と主要なライフラインがそれぞれ片方ずつ停止する事態に見舞われて


「これはヤバい!」と


そのように感じた方が多数いるというわけです




納得




今日このお話を書いた理由大きくは2つ


1.既に一戸建てをお持ちのみなさんの家に


この震災復興ラッシュが一段落したころに必ず来るであろう


太陽光・蓄電池の営業マンたちから騙されないように知識をつけておいていただきたい




2.これから新築を考えるみなさんに向けて


「なるほど 緊急時の防災の方法にはこんな考え方があるんだな」と


検討する上での選択肢を持って頂きたい



この2つです




今日のブログは長くなるので最後まで読むのがちょっと大変になると思います


なので今この時点で読むのをやめる方のために1つだけ考え方として覚えてかえって下さい





光熱費が安くなるからという理由だけでオール電化を選ぼうとしている方がいれば


必ずプラスα何か防災の事を考えてください


そうでなければオール電化はとてもリスキーです


停電した瞬間に 家の機能全てが凍結します


それだけは覚えておいて頂ければ幸いです



E5819CE99BBB
それでは本テーマへ移りましょうっ


----------------------------

ⅰ.太陽光発電システムと防災

■太陽光発電システムを設置することで

天気のいい(曇り程度なら発電するものも)日中に限り

停電時でも家の中で電気を使用することが出来る


【実際の停電時に使用できる電力目安】

使用可能電力:1500W ※いいお天気の時の上限出力

・冷蔵庫OK   ・炊飯器OK

・扇風機OK   ・テレビOK(大型でない)

・ケータイ充電OK

・電子レンジ△ 電力不足が予想されますが理論上は使用可能

・パソコンNG ※ノートパソコンに限りOK

(不安定な電力なため、デスクトップではデータが消える可能性がある)

・エアコンNG 電力不足が予想される


※メーカーや家電の大きさなどにより

上記リストの中でも使用できないものもあります

また、上記全てを同時に使うと間違いなく電力不足となります

同時に使えるものについては明言しにくいため

ご了承ください



【設置コスト】

・約80万円程度(一般的に最も最小限で設置する場合の目安とされる3kw設置の場合)

※現場状況により金額は前後します


【問題点】
・太陽光発電システムのみの場合夜間は一切発電しない。なにも使えない

・業者により設置工事のレベル差がとても大きく

後付け設置の場合雨漏りでトラブルになる相談をよく受ける



【まとめ】

『最低限の防災』

それをテーマとするならば十分すぎる能力を持つのが

この太陽光発電システムと僕は考えてます。

ただし上記に書いてある通り

夜間・または雨天のときただの屋根の一部になる点だけ要注意

停電になる場合は台風の影響によるケースももちろんあるため

そうなると当然天気は悪いので発電しません

「安心を買う」という意味では物足りなさがのこるかもしれませんね



sata
----------------------------

ⅱ.太陽光発電システムwith蓄電池と防災

■日中に発電した電気を充電することで

停電時にすぐさま電気を使うことが出来る蓄電池

日中発電し・その場で使ったり・充電したりしながら

夜や雨天時には蓄電池に溜めた電気を使うという

太陽光発電システムの弱点を補うために存在するアイテム



【実際の停電時に使用できる電力目安】

使用可能電力:5000W/h ~ 7800W/h

※以下具体例は5000W/hの蓄電池を採用

下記リストの家電を全て使い、4日目で充電が無くなる目安となります

あくまで机上の計算ですので実際のものと異なることが予想されますが

あらかじめご了承ください。


・冷蔵庫OK (3日間フル稼働で2956W/h使用)

・テレビOK (1日4時間視聴で1600W/h使用)

・扇風機OK (1日6時間使用で720W/h使用)

・ケータイ充電(1日1回3台のスマホを満充電で100W/h使用)

  合計:5376W/h

       つまり丸3日は継ぎ足し充電無しに動く計算


※メーカーや家電の大きさなどにより

上記リストの中でも使用できないものもあります

また、上記消費電力は平均的なものを選んで試算しております

使う家電によりその限りではありませんのでご注意下さい



【設置コスト】

・約160万円~230万円程度(内80万円が太陽光発電システム)

蓄電池設置の場合は太陽光発電システムが必要となります

※現場状況により金額は前後します


【問題点】

・高価 蓄電池単体で考えると80万円~150万円程費用がかかる

寿命が10年目安と言われている

リチウムイオン電池を採用しており、数年前に比べ寿命は延びたが

ケータイ電話の電池と同様容量の目減りが発生する

・年々コンパクト化が進んでいるものの設置場所の検討は必要


【まとめ】

今とても注目を浴びているのがこの蓄電池

シミュレーションをご覧いただければわかる通り

3日間の食いつなぎが出来る点

その間でお天気が良くなればまた発電・蓄電を繰り返すことが出来る点

そうしていくことで、贅沢な暮らしはできないものの

かなりの自給自足を実現することが出来る点は大きな魅力ですね


ただし、それに対してかかる費用・そして耐用年数の短さは

絶対に注意が必要な点となります


「災害がこない場合蓄電池を使った自給自足でお得に暮らせます」


お得に暮らせますが蓄電池を買った分が帰ってくるまでの効果を

見込めるわけではありません



『災害時の安心が手に入る』⇒◎

『その上今なら元が取れる』⇒✖ です


元が取れると営業してきた場合は注意してくださいね(*'▽')


さて、いかがだったでしょうか。


今日のお話をご覧いただいた上で



「蓄電池ってそんなにもつんだー!」



そんな声が聞こえてくれば僕は願ったりかなったりです


ただし、まとめで書いていた通りですが


蓄電池は「保険のために買う」ならOKですが


「損しない」は誤りです


損しないから付けたいと相談を受けた場合は「ちょっとまってくださいーー!」と


そんなお話からスタートになります




そんなこんなの太陽光発電システム・蓄電池編いったん終了


あまりに長くなったのでここで一度締めますが


実はまだもうちょっとだけ続きます



次回 『第3の選択肢 エネファーム編』です



乞うご期待


またお会いしましょう(*'▽')

コメントを残す






最近の記事一覧

一覧はこちら

カテゴリ別