HOMEスタッフブログ竹澤貫 > 新築の家が傾いてる

新築の家が傾いてる

みなさんこんばんは


ご無沙汰しておりますがお元気変わらずでいらっしゃいますでしょうか





エッグ住まいる工房 竹澤貫です




大阪北部地震


この北摂地域にお住まいの皆様誰もが恐怖したあの地震から1年が経ち


「ようやっと少し落ち着いたかな…」と感じる日々を過ごしています


いやまぁ今はまた別のお仕事の依頼やらが立て続けておりまして


結果またバタバタしてしまっておりますけども





そんな中ある一通のメールが僕たちのもとへ届きました


「建売の家に入居して半年の者です」と



僕たちは今建売住宅の販売はしておりませんので


つまるところ僕たちが建てた家ではない新築にお住まいの方からのお問合せ





「家中壁紙がヒビだらけ」 「基礎がボロボロしてて不安」

「窓が多すぎる間取りで耐震大丈夫か」




かれこれ10通くらいのメールのやりとり


今の家に対する不安の声


それがつらつらと語られました




建築のお仕事に従事する者としてそこでのお返事は


法律で定められた最低基準の家にはきちんとなっているはずです


だからきっと心配しなくても大丈夫ですが


不安であれば補強のご相談は承りますのでお伺いします




およそこんな内容





そして実際にお家に行って早々に奥様の口から出たのは


先日別の業者さんに見てもらったところ


家が傾いていました





軽い立ち眩みですよ ゾッとする


地盤の調査ももちろんしてあるし、保証はもちろん取ってるんです



でも 傾いてるんです



信じられなかった


そんな家が今なお存在することが本当に恐怖





結局その家はどうなったか?きっと気になることでしょう


でも今もまだいろいろと相談に乗らせて頂きながらなんとか解決しようとしてるとこ


まだ終わってません







以前僕はお客様から大層怒られたことがありました


厳密にいうとお客様のお知り合いの建築関係のお仕事してる人とやら



「以前解体の業者さんで困った業者がいた」

「外構の業者さんでも困った業者さんがいたことがある」

「だからお客様ご自身で注文するときは気を付けてくださいね」



実体験を元に話したお話



それに対して言われたのが



「今のこの厳しい法律でそんな悪徳業者なんていないって言われましたよ」


「不安をあおってボッタくる工務店かもしれないから気をつけろって言われました」



僕なんかしたっけ ってぐらいめっちゃ言われた


そんな中今回みたいな「入居半年の新築が傾いた」って話


原因は多分地盤の補強が足りなかったこと





みなさんが想像するよりも遥かに予想外の事が


こうして起こるんです


色々思い出して感情的でまとまりのないブログになってまいましたが



気を付けて欲しいことは


会社について調べすぎなんてことはありません


僕たちのことも最初は信用もしなくて構いません


悪徳業者じゃないかって疑ってください


疑って、調べて、調べてください




それぐらいしなきゃいけないこのお仕事をしてるのが悲しくなってくる


でも替えは利きませんので…どうか慎重に選んでください

コメントを残す




一覧に戻る



最近の記事一覧

一覧はこちら

カテゴリ別