HOMEスタッフブログ竹澤貫 > セルロースファイバーのデメリット

セルロースファイバーのデメリット

良い事ばっかじゃ…無いんですよねぇ

IMG_0525
みなさんこんばんは





egg住まいる工房 竹澤貫 です







今日は僕たちegg住まいる工房の標準仕様の家で使っている断熱材のお話し


こだわりの断熱材



【セルロースファイバー】について






まず先にお伝えしておきたいことが2つだけあります




エッグ住まいる工房の家を建てた方のほぼ全ての人が

セルロースファイバーだからエッグの家を選んだということ




そして、エッグ住まいる工房で結局建てなかった方も

大半の方が他の会社でもセルロースファイバーを使った会社で建てたということ





これほどまでにこのセルロースファイバーを使いたいと思わせる素材


知る事が出来た人を魅了する素材だということです


それだけ 高性能な断熱材だと いうことです





昨今家づくりにおいて、どんな家でも必ず 断熱材 という材料が使われています


使われている理由はその名の通り




寒い冬 家を暖かくするため


そして、暑い夏 家を涼しくするために





そんな断熱材セルロースファイバー


僕たちは「これ以上の断熱材は無い」と、そう確信して標準採用してるわけですが


では早速メリット、デメリットについて



IMG_0541
メリット

■断熱性能が高い
・・・断熱性能が高く、熱伝導率は0.04

■湿気を吸ったりはいたりできる
・・・断熱材の天敵、湿気に対して耐性が高い 湿気てカビてしまうようなリスクが少ない

■吸音性がある
・・・音を吸音する効果があるため、防音性能の期待ができる




デメリット
■価格が高い
・・・一般的に使われている断熱材(例えばグラスウール等)に比べ、価格が高い

■施工できる業者が限られている
・・・業者に質の高い工事技術が求められるため、だれでもできるわけではない

■知名度が低い
・・・日本での普及率は全体のほんの2%程度しかない




まずは導入編として簡単な箇条書きからご紹介


ご覧になってどう思われましたか?




「有名じゃないし、高いなら使わないかなぁ…」




きっと僕が逆の立場だったらそう思うだろうなと(笑)




ただ家づくりの構造について


そして建てたあとのメンテナンスにかかるお金に敏感な方は


このセルロースファイバーの「調湿性」


ここに着目されて、セルロースファイバーを選ばれます




今日はまず簡単な所だけご説明


また次回 セルロースファイバーのもっと詳しい部分にまで掘り下げて


また記事にしようと思いますよ(*´ω` *)

コメントを残す




一覧に戻る