HOMEスタッフブログ川崎 > 高断熱化は省エネルギーの家なのです

高断熱化は省エネルギーの家なのです


今日はちょっとだけ、気温もゆるくなりましたね。

ここのところ、毎朝、給湯器からのお湯をペットボトルに入れて

駐車場へ向かう川崎です



いや~、こんなに雪が積もる年て、めったにないような気がしますが

そんなこともないのでしょうか。  最近自分の記憶はあてにならないので。。。



さてこんな寒い時期、雪や霜が降りると心配なのは、外に出ているグリーンたちです。
断熱材
左の写真は、ダンナッチが帰ってきたゴミがまだあるのか?!

というゴミではありません^^;

雪・霜よけのためにかぶせた簡易的なビニールハウスです^^;

雪や霜が降りると、チルドのような状態になって

死んでしまうからです(>_<)

このおかげで、2回の雪にも耐えましたよ














断熱材
エッグの園芸部長でもある竹澤社長が育てている

パッションフルーツもこの通り!

毛布でぬくぬく?と冬越し仕様でございます。

あまりかっこよくはありませんが、死なせてしまうよりマシです^^;
断熱材
毛布の中は、この通り、生きてる、生きてる~

つい最近もパッションフルーツをいただきましたよ。

こんな中でも育っておるのです。






ビニールハウスは風よけ、霜よけにはなり、太陽が出れば、そのまま直射で温めてくれますが

残念ながら、断熱となるとその機能は全くありませんね。

夜になると冷え込み、夏は直射で中はサウナ状態です。

断熱材の入っていない壁の家もこのような状態でしょうか^^;



先日、初めてSRにお越しいただいたお客様は、これから家造りをスタートしようというご夫婦で

断熱材がどういうものか、どういう種類があるのかをご存知ありませんでした。

ですので、エッグが標準仕様にしているセルロースファイバーを初めて知っていただいた訳ですが、

初めて知った断熱材がセルロースファイバーだったということは、このお客さまにとって

幸か不幸か、、、

なんでも一番最初にトップレベルのものを見てしまうと、なかなか下げられないということがありますよね。



でも、この先、2020年には限りなく省エネルギーの住宅を標準とする

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を過半数にすることを国が決めておりますので

絶対、高断熱の家にするべきなのです。

高断熱ということは、外気温に影響されない、冷暖房効率が非常に良い

限りなく省エネルギーの家、ということなのです。


エッグでは、現在お住まいのOB様の家も見せていただけますので

この寒い時期、いかに暖かい家にお住いかを直接体験、経験談を聞いていただくことができます。

ショールームからすぐ近くにも、リノベーションモデルハウスもありますので

どうぞ、お気軽にお申し込みをしてください。


aside_contact














コメントを残す




一覧に戻る



最近の記事一覧

一覧はこちら

カテゴリ別