HOMEスタッフブログ小林 > ゼロエネルギー住宅 その前に・・・

ゼロエネルギー住宅 その前に・・・

IMG_9229
とっても素敵なお家が完成しましたので、すこしご案内させていただきます(・∀・)

こちらの写真は、9月の中頃に完成し、お引渡させていただいたお家で、
エッグの標準仕様の断熱材『セルロースファイバー』と、YKK-APの防火窓Gシリーズによる長期優良住宅になります。

IMG_9181
4.5帖の吹抜けが、1階と2階を繋ぎ、どこにいても家族の気配を感じていられる、そんなステキなお家です。

南に面した窓から、外の景色と夜にはお月様が見える様にと、そんな思いのこもったリクエストより、デザインを考えました。
前回すこし触れました“ゼロエネルギー住宅”において、1次エネルギー消費量は、窓の多さ・大きさ、吹抜け、そして外皮性能によってとても大きな影響をうけます。

外皮性能は、熱の通しやすさの指標である外皮熱貫流率(UA値)”で評価されるのですが、これはH25の改正省エネ基準で0.87W/㎡・K以下とされており、今までのH4新省エネ基準のQ値をUA値に換算したところの1.4W/㎡・Kの約62%となっています。熱の通しやすさということですので、この数字は小さいほど優秀だということなんですね。


IMG_9298
そこで、この大きな吹き抜けと窓がたくさんのお家なのですが、こちらのお家でUA値はなんと・・・・


0.76W/㎡・K

 (・∀・)ワーイ

住環境にこだわりすぎて、希望通りのデザインにならないようでは注文住宅としては失敗だと思います。

一世一代のお買い物ですので、是非後悔のないようにしてくださいね!


コメントを残す




一覧に戻る



最近の記事一覧

一覧はこちら

カテゴリ別