HOMEネット見学会 > 東五百住の家(高槻市 H様邸)

東五百住の家(高槻市 H様邸)

家の裏には田んぼが広がるのどかな場所で、桃の花の咲く時期に上棟しました。

「ひがしよすみ」という、地元の人でないとなかなか読めない地名です。


アイランド型キッチンと家事コーナーが欲しいという、家庭的な奥様と

奥様が気に入ってたらOKという優しいご主人、元気なお子様2人のご家族です。


夏には、さらっとした気持ちの良い無垢の床でお昼寝が楽しめますね。

2009年7月竣工予定です。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

みどりに囲まれ、メルヘンチックで

立体的な外観が完成しました。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
2階寝室です。隣接して
ウォークインクローゼットが
設置されて

もうタンスはいらないですね。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
2階のトイレもフロアータイルと
薩摩中霧島壁の組合せ。

塗り方と色の組合せを変えて

楽しみます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

1階のトイレはフロアータイルで水分対策、

そして薩摩中霧島壁で匂い対策。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

隣家に接する洗面室は、

天窓からの光でとっても明るいです。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

こ上がりになった和室の下は、

もちろん収納引き出しが。

3面から引き出せます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
2階の吹抜けまでそびえる
大黒柱がリビングの中央にきて、

これぞ、大黒柱ですね。

子どもたちの成長をやさしく

見守ってくれそうで癒されます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
奥様のご希望がかなった
アイランドキッチン。

リビングすべてを見渡せ、

しかも回遊できる!

使い勝手抜群の憧れのキッチンですね。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
さあ、完成しました。

収納カウンターと吊り戸が設置されて、

機能的で快適なリビングです。

キッチン横のカウンターは、

またまた便利な家事コーナーです。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

玄関を入ると奥にはシューズクローク。

大容量の靴が収納できます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
第3者機関のJIOの検査です。
東五百住の家(高槻市 H様邸)
行政の完了検査ですね。
東五百住の家(高槻市 H様邸)
しっくい壁を施工中です。
こちらのお宅は1・2階ともほとんどすべて

しっくい壁です。

きっと空気が清々しいでしょうね。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

ここにはいる引き出し収納も

造作家具でつくっています。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

テレビボードは造作家具で作っています。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

1階リビングからの吹抜けです。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

天井収納の内部です。

 5畳ほどの広さで、

たっぷり収納できますね。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

天井収納のためのハシゴもつきました。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
天井・壁とも桐で仕上がった
大きな"桐タンス"

ウォークインクローゼットです。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

eggではよくある"半表しの

梁見せ"仕上げで天井が

仕上がりました。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

設計の宮本と諏訪前棟梁、

菊池大工と打合せ中。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

外壁の完成です。

エッグで一番人気のある優しい色ですね。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

そとん壁の仕上げ中。

細かい手作業が続きます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

下塗り完成。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

外壁はそとん壁仕様です。

これは下塗り用。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

システムバスがはいりました。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

柱に囲まれたコーナーには・・・

東五百住の家(高槻市 H様邸)

天井下地を造っていきます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
s-P1040549-thumb-300x225-383
床暖房のパネルの上に無垢の
床材を貼っていく諏訪前棟梁。 

棟梁の太鼓判付き!

美しい桧の無垢材です。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

床暖房のパネルが貼られました。

足元が暖かいと

部屋の暖房がいらないぐらいですよね。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
JIOの検査が終わったら、
大工さんは床材と内装下地の

木工事にかかっていきます。

これは大工さんが作った

休憩用のカフェコーナー。

コーヒーも紅茶もそろっています^^

東五百住の家(高槻市 H様邸)

主に、外装下地を検査されます。

これも、外壁が貼られてしまうと

見えなくなってしまう部分だから

しっかり検査されます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

断熱が終わったところで、

またJIOの検査がはいります。

柱にかかっているのは、

お施主さまファミリーの写真です。

職人の皆さんは、お施主さまの

喜んでもらえる顔を想像しながら、

しっかりそれぞれの工事に

取り組んでいますよ。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

壁、天井すべてにセルロース

ファイバーが吹き込まれました。

終わったばかりの現場は雪が

降っているみたいに、

セルロースがふわふわ飛んでいます。

でも、その上にはしっかりボードを

貼って、仕上げの内装材が

施工されるので部屋の中に

セルロースが漏れるということは

一切ありません。

s-P1040485-thumb-250x333-326

壁に貼ったシートの穴から

材料を吹き込みます。

s-P1040487-thumb-300x225-324
圧縮されて袋詰めされていたものを
ほぐしていきます。
東五百住の家(高槻市 H様邸)
セルロースファイバーの材料は、
古新聞を細かく砕いたものです。

とってもエコな材料なのに、

優れた断熱性能、遮音性能が

あるんですよ。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
外壁の構造用合板が貼り終ったら、
次は断熱材、

セルロースファイバーの施工にはいります。

吹き込むようのシートを貼っていきます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
第3者機関のJIOの構造検査も入ります。

耐震金物や構造材など、

壁ができたら見えない部分を

しっかりチェックされます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

そして、役所の中間検査が入ります。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
さらに念入りに構造用合板にまで、
木酢液を吹きつけます。

全周基礎パッキンで風通しもよく、

これで、防蟻対策はバッチリ。

egg住まいる工房では、

これも大工さんの仕事です。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
スプレーで吹いているのも木酢液です。
東五百住の家(高槻市 H様邸)

上棟したあとの最初の仕事?

土台敷きのときにもやっていた、

木酢液を柱に塗布しています。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

上棟式も終わり、皆で記念写真。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
無事上棟しました。

阪急京都線の電車から当社の

工事用シートがよく見えます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

あとはサクサクと、あっという間に

家の形が出来上がっていきます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

やれやれ、無事に建ちました。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

あとちょっと!

東五百住の家(高槻市 H様邸)
せえの!で引っ張る人と持ち上げる人と。

いつも一緒に仕事する仲間なら、

息もぴったり。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

準備はいいかな?

東五百住の家(高槻市 H様邸)

さあ、いよいよ7寸の大黒柱を

建てようとしているところです。 

クレーン車が入らないので、

大工さんの人力合戦ですよ。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

土台には防蟻のために、

木酢液を塗布します。

人にやさしい自然素材の防蟻材ですね。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

土台の下には床下の換気を確保する

全周基礎パッキンを敷きます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

基礎の完成です。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

耐震強度を高めるコーナーハンチです。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
コンクリート打設工事です。
東五百住の家(高槻市 H様邸)
JIOの配筋検査です。

合格したらコンクリートを流し込みます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
配筋をしていきます。

この仕事は1本ずつ手作業の仕事ですね。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

捨てコンクリートを打ちます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)

地盤をならしていきます。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
無事に地鎮祭も終了しました。

さあ、いよいよ基礎工事にかかりますよ。

東五百住の家(高槻市 H様邸)
続いて地鎮祭。地の神を沈めて
無事の竣工を祈願します。
東五百住の家(高槻市 H様邸)
着工式も無事終了。緊張が解けて、
笑顔の記念写真。
東五百住の家(高槻市 H様邸)

着工式です。

お施主様と業者の初めての顔合わせ。

気を引き締めて、
宣誓文を読み上げます。

一覧に戻る