HOMEネット見学会 > 大阪市鶴見区(Y様邸)

大阪市鶴見区(Y様邸)

大阪市鶴見区のY様邸は、今お住まいの家が寒いので

広い敷地内に冬でも暖かい家を、というのが第一のご希望で建てられることになりました。

普段はご家族お二人ですが、妹さんご家族が泊まりに来られるための予備室もちゃんとご用意されています。

夏涼しく、冬暖かい家で、にぎやかなご家族の様子が浮かびますね。

大阪市鶴見区(Y様邸)

全面ガラスの玄関ドアのおかげで

とても明るい玄関になりました。

s-DSC04410-thumb-300x199-3502

東南の角を開けた窓からは

庭が見渡せる絶好のビューポイント。

大阪市鶴見区(Y様邸)
吊り押入れの下の小窓をあければ、
西からの風が入り

風通しも抜群です。

大阪市鶴見区(Y様邸)

北側ですが、とても明るい

部屋になりました。

大阪市鶴見区(Y様邸)

やっと完成、完了検査をうけます。

大阪市鶴見区(Y様邸)

微妙な形、大きさは

職人さんの腕にかかっています。

大阪市鶴見区(Y様邸)

玄関ポーチは石貼りで仕上げていきます。

大阪市鶴見区(Y様邸)

二間続きの本格和室は

じゅらくの塗り壁で仕上げています。

大阪市鶴見区(Y様邸)

階段にそって、2階まで通しの

大黒柱がドドーンとそびえています。

大阪市鶴見区(Y様邸)

対面キッチンの前も漆喰で仕上げです。

大阪市鶴見区(Y様邸)

内装はしっくい壁。

これも左官屋さんの技が光る手仕事です。

ホールからリビング、階段、と続きます・・・

大阪市鶴見区(Y様邸)
スレート屋根ながら、
瓦ほどの耐侯性がある
大屋根がダイナミックですね。
大阪市鶴見区(Y様邸)

足場が外れて、そとん壁の

やさしい色の外観が現れました。

大阪市鶴見区(Y様邸)

そとん壁の下塗りです。

すべて左官屋さんの手仕事です。

大阪市鶴見区(Y様邸)

外壁は一番人気のそとん壁です。

大阪市鶴見区(Y様邸)
こちらはリビング東南の角です。

2面から太陽の光がふりそそぎ、

お庭を楽しむこともできますね。

大阪市鶴見区(Y様邸)
断熱工事の後は、次々と
ボードが貼られ、だんだん完成の形が

見えてきましたね。

対面キッチンのリビング側です。

大阪市鶴見区(Y様邸)
壁はセルロース断熱終了です。
2階の天井裏は、最後に

施工されます。

大阪市鶴見区(Y様邸)

セルロース断熱の吹き込み施工中です。

大阪市鶴見区(Y様邸)

震災の影響で遅れていた

サッシがやっと入りました。

大阪市鶴見区(Y様邸)

中間検査を受けます。問題なし!

大阪市鶴見区(Y様邸)

屋根工事完了です。

大阪市鶴見区(Y様邸)
屋根工事は当たり前ですが、
屋根の上の作業なので

暑くても、寒くても、

雨が降っていても大変です。

安全第一。

大阪市鶴見区(Y様邸)

屋根工事が始まります。

大阪市鶴見区(Y様邸)

柱にも木酢液を塗布します。

大阪市鶴見区(Y様邸)

御幣もあげられ、美しい

木組みの家が建ちましたね。

大阪市鶴見区(Y様邸)

無事上棟しました。

大阪市鶴見区(Y様邸)

あっと言う間に、図面でしか

なかった家の形が立体になりました。

大阪市鶴見区(Y様邸)

息のあった仲間たちの仕事ですね。

大阪市鶴見区(Y様邸)

通しの大黒柱が立てられます。

大阪市鶴見区(Y様邸)

建て方が始まりました。

eggではクレーンを使わず、

大工さんたちの手であげることが

多いのです。

大阪市鶴見区(Y様邸)

土台敷きです。

105の大引きの間に90角の

根太をいれ、その上に30㎜の

赤松の床材が貼られるので、

とってもしっかりした床です。

大阪市鶴見区(Y様邸)
床下断熱のカネライトフォームを
受ける桟をとりつけています。

1本1本、地道な手仕事ですね。

大阪市鶴見区(Y様邸)
土台の桧の無垢材に
木酢液を塗布します。

人にやさしい防虫剤ですね。

大阪市鶴見区(Y様邸)

基礎完成です。

大阪市鶴見区(Y様邸)
大阪市鶴見区(Y様邸)
大阪市鶴見区(Y様邸)

いよいよ基礎工事にかかります。

大阪市鶴見区(Y様邸)
大阪市鶴見区(Y様邸)

地盤補強をしておけば、安心です。

大阪市鶴見区(Y様邸)

地盤調査の報告により、地盤補強をします。

大阪市鶴見区(Y様邸)

地盤調査をいたします。

今、家が建っているから大丈夫、

というわけではないんですよ。

大阪市鶴見区(Y様邸)
地の神を鎮める地鎮祭です。

珍しい女性の神主さんでした。

大阪市鶴見区(Y様邸)

M様との合同着工式です。

皆で精一杯頑張ります。

一覧に戻る