HOMEネット見学会 > 風佳の家(高槻市・M様邸)

風佳の家(高槻市・M様邸)

2008年3月に着工しました高槻の現場です。

“風が涼やかに通る家を建てたい”
がお施主様のご希望でした。


東西南北、どちらにも風が通るようなプランになりました。
1階はリビングとして2間続きの和室をしつらえ、

2階は広々とした多目的に使えるホールを、
というお施主さまのライフスタイルに合わせた
こだわりの間取りになっています。


そして、その家の中心を7寸角吉野桧の大黒柱が見守るようにそびえています。

2008年7月に竣工を予定しているお宅の工程を少しずつのせていきますので
最後までどうぞお楽しみに!!
風佳の家(高槻市・M様邸)
完成しました。
風佳の家(高槻市・M様邸)
駐車場側からもあがれます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
階段仕上げは玉じゃり石を
樹脂で固めています
風佳の家(高槻市・M様邸)
アプローチの階段です。
仕上げはどんな風になるんでしょうか
風佳の家(高槻市・M様邸)
外構工事が始まりました。
いよいよ最終工事です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
2階は多目的に使える、
広々としたホール。
床は桧の無垢材、腰壁は赤松。
風が東西南北に良く通る
気持ちの良いお部屋です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
2階の階段横には7寸吉野桧の大黒柱が。
風佳の家(高槻市・M様邸)
ユニットバスはバリアフリーで
開口部の広い3枚引戸
風佳の家(高槻市・M様邸)
ホテルのような洗面室、完成
風佳の家(高槻市・M様邸)
吊り押入の下は明り取りと
風を通すために窓を設えました
風佳の家(高槻市・M様邸)
二間続きの和室。
天井は桐の無垢材です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
キッチン横のパントリーは
奥様の味方!
風佳の家(高槻市・M様邸)
バックカウンターと吊り戸棚は
キッチンと奥様の使い勝手に
合わせて造った造作家具です
風佳の家(高槻市・M様邸)
内部はほぼ完成。
真っ白なキッチンもやっと登場。
風佳の家(高槻市・M様邸)
JIOや役所の検査より社長の
検査が一番細かいんです・・・
風佳の家(高槻市・M様邸)
社長の社内竣工検査です
風佳の家(高槻市・M様邸)
JIOの竣工検査です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
漆喰は調湿効果もあり、
臭いも吸収してくれる
優れた自然素材ですね。
匠の技を発揮してくれる親方と弟子。
実は親子なんです。
風佳の家(高槻市・M様邸)
内装の壁はほとんど漆喰。
しかもフラットな仕上げでてかり過ぎず、
という職人の技量が問われます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
施工性が難しくても、
匠の技を発揮して、仕上がりは抜群です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
天井は施工も難しい紙クロス。
仕上がりに影響が出ないように
パテは念入りに。
風佳の家(高槻市・M様邸)
いよいよ足場が外れ、
やさしい色目の屋根と外壁が
表れてきました。
風佳の家(高槻市・M様邸)
洗面台は、ホテルのように
長いカウンターになっています。
カウンターの端には、タオルと
洗面グッズがおしゃれに置けそうなほど
余裕がありますよ。
風佳の家(高槻市・M様邸)
2階納戸は、床、壁、天井共に桐です。
とても大きな桐タンスの中のようですね。
風佳の家(高槻市・M様邸)
2階の多目的ホールには
赤松の腰壁を貼ります。
床は桧の無垢材です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
そとん壁の表面は
多孔室構造になっているため
ザラザラした感じになります。
風佳の家(高槻市・M様邸)
egg住まいる工房では、
外壁の標準はパワーボードか
そとん壁をお選びいただけます。

そとん壁は火山灰を材料にした
100%自然素材で、防水機能と
通気機能を兼ね備え、
土に還せる安全な材料なんです。
風佳の家(高槻市・M様邸)
防水シートの上にラスという金網を貼り、
そとん壁を塗っていきます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
和室の天井を貼っています。
今回はやさしい色目の桐です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
1階床材は赤松30㎜です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
FRP防水を施工します。
あとはトップコートで仕上げをし、
手摺を取付けます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
大工さんが造作しているのは
バルコニーです。
風佳の家(高槻市・M様邸)
JIO防水検査です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
JIOの構造検査です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
役所の中間検査です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
JIOが基礎のコンクリート
強度を測っています。
風佳の家(高槻市・M様邸)
こちらは真壁の和室用の、
乾式セルロースファイバー。
シートを貼り、穴を開けて、
ここから吹き込みます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
次世代省エネ対応の断熱材、
セルロースファイバー。
熱だけではなく、音も吸収してくれます。
こちらは湿式のセルロースファイバーです。
風佳の家(高槻市・M様邸)
地震が来ても安心です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
耐震認定金物もばっちり入っています。
風佳の家(高槻市・M様邸)
梁も大黒柱も太く、
がっしりとした骨組みができました。
すべて、無垢材です。
ボンドがはがれるような
集成材は使いません。
風佳の家(高槻市・M様邸)
7寸角、吉野桧の大黒柱が
立ち上がりました。
風佳の家(高槻市・M様邸)
大黒柱は慎重に扱います。
風佳の家(高槻市・M様邸)
ご幣もあがります。
風佳の家(高槻市・M様邸)
どんどん出来上がっていきます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
今日は待ちにまった上棟の日です。
お天気も良く良い日となりました。
風佳の家(高槻市・M様邸)
基礎完成です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
型枠が組まれ、立ち上がりの
部分にコンクリートを打ちます。
今回はお施主様のご希望で
基礎の高さが標準より少し高く
なっています。
注文住宅だからこそ、
そんなご希望も叶えられんです。
風佳の家(高槻市・M様邸)
基礎配筋の状態はJIOの検査と
一緒にお施主さまにも
ご確認いただきます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
JIO(日本住宅保証検査機構)
による基礎配筋検査です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
さあ、いよいよ基礎工事の始まりです。
防湿シートを張り、
捨てコンクリートを打っていきます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
固化材が入った状態です。
固まるまで1週間ぐらいおきます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
柱状改良に使う固化材です。
風佳の家(高槻市・M様邸)
地盤補強のために柱状改良を行います。
事前に調査した支持層まで穴を掘り、
固化材を入れます。
風佳の家(高槻市・M様邸)
建物の位置を確認する地縄張りです。
風佳の家(高槻市・M様邸)
地盤調査をします。
風佳の家(高槻市・M様邸)
お施主様と協力業者さんとが
初顔合わせをする着工式です。
皆、自分の家を思って丁寧に
施工することを誓いました。

一覧に戻る