ウッドワンの新商品

10357187_1484237081810145_3031410816646463362_n
ウッドワンの新商品内覧会に行ってきました。

ウッドワンというメーカーさんは、
ニュージーランドに自社管理の広大な森を
持っており、
そこで栽培した松材を伐採し
自社製品の材料にする!という
なかなかスケールの大きい会社です。

ラジアタパインと呼ばれる、ニュージーランドの松の木は
成長か早く、また松特有のねじれも少ない樹種で
ウッドワンでは、このラジアタパインを使い
ドアなどの建具や床材、内装材を商品化しています。
10341433_1484238691809984_2272893533405240233_n
今回の新商品は、
無垢ではなく樹脂シート貼ったタイプの建具である
ソフトアートの新デザインや、階段など
面白そうな商品が出てました。

中でも、注目は無垢材の建具である
ピノアースシリーズにパステルカラーの5色が登場です。

どんな仕上がりだろうと楽しみにしてましたが、
なかなか好みの色合いに落ち着いていました。...

あと、室内小窓が楽しそうです。

DSC02444
DSC02446
パステルカラーって昔からある色目なのに
『なぜ、パステルカラーを採用したの?』とうちの担当者さんに
問うてみましたら
『2013年のミラノサローネに行った会社のおエライさん達が
 次の商品展開は、パステルカラーだ!!』と
決めたそうです。
2013年のミラノサローネは、カラフルな色で溢れていたそうです。

やはり、発信元はサローネなんですね。
流行の最先端は、イタリアに有ります。
ファションは、ミラノコレクションですし、
建材は、ミラノサローネというわけです。

よく言われる『サローネから2年遅れで日本で製品化』
を目の当たりにしました。

このてのドアデザインは、輸入建具か造作するしか無く
なかなか仕様も価格も扱いづらいものでしたから
こうして既製品がでてくれると
一気に使いやすくなりました。