車のメンテナンスにいってきました

みなさんこんばんは


少しずつ上がる気温、そして雨が近づくと流れてくるじめっとした空気


西日が猛烈にあたる我が家なのですが


日が当たること自体はまぁカーテンで遮りましょう


西日で温められた壁が夜にかけてじんわりと室内を温めてくれます



もちろん真夏はもっと



という環境なため早くも寝苦しさを若干感じ始めています





エッグ住まいる工房 竹澤貫 です





もちろんこの日の差し込みは西面だけに限った話ではなくて


南面も「南だから大きな窓をいっぱいとる!」は灼熱ホームになる可能性がありますのでね


周辺の環境や日の遮り方などにも気を付けて設計するようお気を付けください





なんとなくうっかり枕の挨拶で家の話をしましたが


今日は車の話です




昨日メンテナンスにいってきました


主にはエンジンオイルの交換


あとはタイヤやブレーキの劣化具合もチェックしてもらってきたわけですが


お仕事柄どうしても車での移動が多いのでまぁ消耗が早い


今でこそ少し運転する量減りましたけど


少し前の多いときやと3年で10万km走るくらいでした



そんなわけで、きちんとお手入れしておかないと


万一の事故が起こる場合もありますのでね


ということでメンテナンスをしてき




20,000円!!!




たっけえ!!



正直申し上げて車のことはからっきしわからないのですが


「どんぐらいやろ。5千円くらいかな~」


なんて思ってたので衝撃を受けて震えておりました


色々と劣化していた部品の交換でこれだけかかりますよとのことで


そこはもちろんプロの仰せのままに




「〇〇は交換しなくても別に事故を起こしたりするわけじゃないのでどちらでもいいですよ」


「ただ純粋に車を長持ちさせるためには交換をおススメしてます」




いつも自分が言うようなことを逆の立場に立って聞くとなんとも


「まぁそっかぁ それならお願いしとこっかぁ」


というあまり積極的な気持ちでお願いできていないというのも変な感じ


「長持ちのためなら仕方ない」


な思いと


「お金かかるの痛いなぁ・・・」


な思いが重なるとこういう感覚なんやなと再認識



これからもできるだけメンテナンスコストのかからなくて済む家づくりは


積極的にご提案していきたいと思った出来事でした