玄関をほんのちょっとゆったり作ったらQOLが上がる(貫調べ)

0172
QOL

クオリティ オブ ライフ の略ですね

医療の現場などで使われる言葉で


生きていく上での質 の事を指します


これもまた僕はマンガから得た知識なのでね

あんまり詳しくQOLについては触れません

浅いので笑


みなさんこんばんは

エッグ住まいる工房 竹澤貫 です




さて、早速ですが本題です

玄関

この空間への価値観は非常に意見が分かれます

「玄関こそしっかり作り込みたい派」


「通過する場所だから最小限に派」

まあどちらの主張も正しいと思いますが

今日は僕のかんがえる「玄関いい感じにしましょ」案を良かったら聞いてやってください



建売のお家や、限られた土地・予算・スペースのお家では


大半の場合この「玄関」そして「玄関ホール」のスペースは真っ先に削り取られていきます


それもそのはず

玄関ホール3帖+LDK16帖の家

より

玄関ホール1帖+LDK18帖の家の方がみんないいから


もちろん間取りの設計というのはこれほど単純な話ではないんですけどもね

あくまで一例です

そんなこんなでないがしろにされがちなこの玄関と玄関ホール

もちろん価値観や個人差はありますが、僕は「可能な限りゆったり」をオススメしています



それは、「そのために多少LDKが縮んだとしても」です



お客様の声としてもちろん多いのは「広いリビングが欲しい」ですね

ですが、ほんのちょっぴりゆったりとした玄関ホールには、毎日お疲れで帰ってきたときに


「ただいま」とドアを開けて

センサー付のライトでふわっと明るくなる玄関

そこに 少しのゆったりとした広がり

すると「ああ、やっぱりいいな我が家は」と


そうほんのり感じられる空間であってほしいと思ったりしてます

もし今お住まいのアパートやマンションの玄関がこぢんまりしてる方こそ

「もしもうちょっとだけゆったりしてたら」

それを想像してみて頂きたいものです