天井造作 斜めにして高くしたり、板を貼ってみたり

DSC_9024
お盆休み みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか

今日からお仕事再開 なんて声が回りでは多いですけども

まだ羽を伸ばしてる真っ最中の方もいらっしゃるかもですね

中々遠出がしにくくはなっておりますけども

少しは息抜きが出来ていればなと思う次第です


そして僕たちも今日からお仕事再開となりました

またがんばってまいりましょ



エッグ住まいる工房 竹澤貫 です



屋根の傾きに沿って高い天井を作りだす


「勾配天井」


そして、その天井を床に合わせることで統一感を持たせる

「板張り天井」


そんなこだわりの空間設計をしたのが今日のお写真


▲勾配天井のデメリット

・空間が広がりすぎてしまい、居室に設けると少し落ち着かなくなる人もいる

・天井が高くなる分どうしても暖房効率は若干落ちる。
 家を高性能な家にするか、シーリングファンなどで空気を攪拌させる工夫が必要


▲板張り天井のデメリット
・白い天井に比べ、存在感が増す分少し天井が低く感じる。
 そのため高天井や勾配天井との相性は抜群

・費用が結構思ったよりかかる。
 広さによりますが、10万~20万程度の予算感は持っておいた方がいいですね



マネしたい~!な声の割と多いこの天井造作2種類

いいところはまあ言わずもがなかもしれませんが

空間が広く感じることや、遊び心を演出できること

どちらかというとデザイン面でのメリットですね


それに対する気を付けポイント

ぜひご参考までに^^