自然素材は個体差があるのがあたりまえ。あまり神経質にならずに、おおらかに

085s

画一的に大量生産される合板などの素材に比べて自然素材の無垢材は、節があるものや木目がバラバラといったものなど、個体差が生じます。

木の種類によっては傷や汚れがつきやすいものもあり、生活をするうえで多少の傷は仕方ないと考えましょう。

「新築時の状態をいつまでも保っていたい」という完璧を求める方や、過剰に神経質になる方は要注意。

自然素材の家で心地よく過ごすには、生活をするうえでの傷や汚れも、お子様の成長やご家族の思い出の一つだと考えれば、愛着が持てるもの。

最初は気になっていた傷や汚れも、時間の経過と共に、その家特有の味わいへと変わるもの。おおらかな気持ちで、経年変化を楽しむことも、自然素材の家づくりの魅力です。