年頭ご挨拶

年頭ご挨拶

年頭ご挨拶     

  『一陽来復 』

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
お客様、お取引先の皆様におかれましては明るくお元気で、素晴らしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
また旧年中は多くのご愛顧とご協力を賜わり、誠に有り難うございました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年は言うまでもなく3月11日に日本全体が大きく変わる悲しい年となってしまいました。 「東日本大震災 」、今もあの大津波の光景が脳裏をかすめ、毎日のように関連のニュースやメデイアに出る度に、ついつい涙があふれます。

いつもいつも何かできないかと思うばかりで、結局日常に追われ、何もできずじまいでした。被災地の皆さん、力不足で本当にすみません。
被災された皆様には、心からお元気を祈るばかりです。
 

最近のメデイアで、最もよく取り上げられ、被災者の皆さんや周辺の皆さんが言われているのが「この未曾有の災害を忘れないで」「被災地、被災者を忘れないで」という言葉です。
そうです、最近ではボランティアの数も義援金の受付も激減しているそうです。
 もう一度私たちも「何か応援できる事はないか?」と考えてみる事が、私たちに課せられた責任だと思います。
 

でも、時は流れ、新しい年が明けました。今年こそ輝かしい年にしなくてはなりません。
昨年暮れに発表された「今年の漢字」はやはり≪ 絆 ≫。
被災者の皆さんのみならず、私たちもこの ≪ 絆 ≫の一文字をもう一度頭に刻み込み、「一緒に頑張る。」「絶対この日本を復興させる。」事を念じてスタートしましょう。

 

昨年、当社ではお陰さまで、大手化学会社での『建設事業部』、構造強度試験体や防耐火認定試験体を作成・納入する『試験体事業部』、そして『住宅事業部』ともそれぞれが忙しくさせて頂く事ができ、何とか今年も無事お正月を迎える事ができました。
お客様の皆様、取引先の皆様には改めまして心より御礼申し上げます。
有り難うございました。

 

さて、本社ショールーム建設という、当社が大きくシフトアップして3年目に入ります。
昨年は住宅事業部『エッグ住まいる工房』の40社から成る業者会【egg住まいる会】も発足し、「お客様に喜んで頂く為に」をテーマに、順調に活動しております。
『石の上にも3年』と言われます。今年は本社ショールームでの事業活動を、この【egg住まいる会】の皆さんと共に、確実に安定定着させる事を最大の目標とします。

【脚下照顧】
今年も昨年と同様、慌てず確実な経営を進めて参ります。
何が何でも明るく楽しい1年にして参りましょう。
       
平成24年元旦                     

竹沢建設株式会社
  
代表取締役 竹澤 彰規