FP(ファイナンシャルプランナー)のちょっとお得なお話’07.9

前回のお話は金利の形は3パターンあります、というお話でしたが、住宅ローンの返し方には2パターンあります。   
 「元利均等」と「元金均等」です。
ローンを組みやすいのは、毎月返済額が一定になる元利均等ですが、最近は、トータルの利息支払いが少ない元金均等を選択される方もいらっしゃいますが、取り扱っていない金融機関もありますので、ご注意くださいね。

返済期間を短くしたい?返済額を少なくしたい?毎月ラクに返したい?         
どんな返し方をしたいかによって、ベストな組み合わせはかわります。
そして、元利均等しか選べないローンもあります。注意してくださいね。

元利均等のメリットは、毎月決まった額を返済することにより、家計管理がしやすい事です。家賃感覚で返済したい人向きですね。デメリットは、やはり、総支払額が多くなり、当初、なかなか元本が減らないことですね。

元金均等のメリットは、毎月元金を決まった額支払うので、総支払い額が少ない事です。
デメリットは、当初の返済額が大きくなることでしょう。

それぞれの、メリット、デメリットを考えてお客様によりフィットするローンの組み方を検討する必要があります。            
                  
次回は、繰上げ返済についてです。(村本)