社長のコラム ’07.12月号 (一級建築士 竹澤 彰規)

北摂マイホーム学院 

当社では昨年より一般の生徒さんを募集して、住宅に関わる勉強会を定期的に開催しています。 
それがこの『北摂マイホーム学院』です。            
これまでこの住宅業界にあって、いつも聞こえてくるのが「リフォーム被害事件」や「詐欺、そして訴訟問題」です。なぜ、夢にまで見た家を作るのにこんなに、もめなくてはならないんでしょうか?

また、このような大きな問題にまでならなくても、住宅建築のことを何も知らないで建ててしまい、こんな筈じゃなかった、あとの祭りになってしまったという悲劇が、あちらこちらで聞こえてきます。
それではこのような失敗を防ぐ為にはどうすればいいのでしょうか?
そう、ひと任せにしていたらダメなのです。自分で勉強して失敗しない家作りを学び、研究し、本当に自分が納得した家を作るのです、それしか無いのです。

 当社で家を新築されたり、リフォームされたりしたお客様は口を揃えておっしゃいます。
「家作りがこんなに大変だとは思わなかった、でもこんなに楽しいとも思わなかったです。
しんどかった分、素晴らしい家が出来ました、ありがとう。」と。

 そうです、家作りはまさに『家創り』なのです。創造していくものなのです。
業者や設計士に任せてしまってはダメです。皆さんも、素人なりに研究して、遠慮せずに思い通りに希望をぶつけてみるのです。
 
 でもいくら素人考えでも、何事にも基本や原則があります。
どんなものにもこの基本原則を外してはダメですよね。
この住宅建築でも確実に守らなければならない原則がたくさんあります。〈日当たりや通風、換気などの計画〉や〈建築法令〉、ついつい家族構成や生活などのライフプランに則った計画に走りがちですが一番大切な〈構造強度〉、〈断熱計画〉や〈結露対策〉などなど。

 そしてもう一つ大切なのが、〈資金計画〉ですよね。
この『北摂マイホーム学院』ではこういった家創りの基本をしっかりマスターする為に8週間にわたり延べ24時間の勉強会を進めているのです。
  
 ここで私の自慢です。なんとこの勉強会の講師は当社の建築士やインテリアコーディネーター、ファイナンシャルプランナー達なのです。すごいでしょう!
 
 紙面が無くなりましたので過去の生徒さんの修了後の感想を載せさせて頂きます。

○資金計画・建物そのものの計画の進め方や断熱材などの自分がこだわらなくてはならない家作りのポイントの方向性を掴む事ができた。和気あいあいで楽しく勉強できました。

○家づくりの楽しみが分かり、一段と家に興味が沸きました。もっと勉強したいです。

○関電オール電化ハウスでの楽しい料理実習や、実際に新築されたおうちにお邪魔して、住まわれている住人の方から生の声を聞く事が出来、大変参考になった。見学の次の朝、とても寒くて、暖かい家って幸せだろうなあと思いました。

当社が施工した『ハイブリッドソーラーハウス』や色々な建物の見学をして、「こんなにいい建物ができるんだ。」と大変光栄な感想も戴きました。

 今回の秋の学院は終了しましたが、是非皆さんも次の春の学院に参加され、じっくりと《家作り》ではない《家創り》にチャレンジされては如何ですか。      

 おわり         (竹澤)