ZEHとは?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

 

 

 

これからの家づくり

「関係省庁(経済産業省・国土交通省・環境省)が連携して、住宅の省エネ・省CO2化に取り組み、2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建て住宅の半数以上をZEHにし、2030年までに建売戸建てや集合住宅を含む新築住宅の平均でZEHを実現することを目指す。」(環境省)とあるように、住宅における建物の省エネ化は、国をあげて取り組む大きな課題となっています。

その指標として定められているボーダーラインがZEHであり、これからの家づくりはZEH基準の数値を満たすことが義務化される流れとなります。

 

 

 

ZEHビルダー

ZEH基準を満たした家は登録されている会社でしか工事はできません。登録されている会社はZEHビルダーと呼称されます。

ZEHビルダーとは、「ZEHロードマップ」の意義に基づき、自社が受注する住宅のうちZEHNearly ZEHを含む)が占める割合を2020年までに50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等のことを指します。

 

 

 

ZEH普及目標

エッグ住まいる工房ではZEHビルダー登録申請を行う2021年より、ZEH普及のため以下の目標を設定致しました。

 

総建築棟数

2017

2018

2019

2020

7

3

11

11

 

普及目標

2020

2021

2022

2023

2024

2025

実績(総数/ZEH)

目標

目標

目標

目標

目標

11/2

30%

40%

50%

50%

50%