自然素材の組み合わせで、快適な住み心地と性能を追求。
敷地24.5坪でも、家族がふれあえる30畳LDKの住まい
46s
広々としたLDKを希望されたMさんに提案したのが、2階ワンフロアすべてをLDK+水まわりにすること。
視線が抜ける窓の配置や、開放的な吹き抜けも実現。空間が縦横につながるため、実際の面積以上の広がりを演出
56s1
LDKは行き止まりをつくらない回遊動線。
作業スペースが広いアイランドキッチンはダイニングテーブルとつながる配置のため、食事の配膳や後片付けもスムーズ。
3つの鍋を横並びで使えるスタイルは、時短・家事ラクにもつながっている。
82s
床は無垢檜(ひのき)のフローリングで、壁はしっくい塗りと、自然素材の心地よさに溢れた住まい。
緩くつながる空間は造作でテレビボードを設置。目隠しはしつつも閉じた印象ではないため、圧迫感がなく、のびのびとした印象に
91s
畳スペースは小上がりになっており、壁面を活かした収納スペースがたっぷり。畳の下も収納として活用できるなど、豊富な収納スペースを設置。階段の段差はベンチにもなり、腰を掛けて読書やゲームができる楽しさも
135s
3階の子ども部屋にはロフトを設けて、お子さんたちの秘密基地のような遊び場。壁はしっくいで、断熱材はセルローズファイバー、構造材は無垢材、外壁はそとん壁と、自然素材を用いた通気性の高い住まいは、空気が澱まず、快適そのもの
156bs
1階はビルトインガレージをつくり、天井には本物のレッドシダーを施工してアクセントに。外壁は、経年変化に強いシラス火山灰を原料とするそとん壁。通気性に優れているという性能面に加え、あたたかみのあるデザインも魅力的
133s
子ども部屋から見える廊下の腰壁に収納スペースを造作。
家族で共有できる本棚にも。