茨木市・H様邸

建てるならひと味違う家!親身になってくれる担当者との出会いで実現。

ベランダは設けず、大きな吹抜けにして光をふんだんに採り入れて。

将来は1階の空間だけで暮らすことができる、平屋風の家。

0242

キッチンからフロア中が見渡せる、子育てがしやすい間取り。奥は小上がりの和室で、段差は引き出し収納。将来は1階だけで暮らせる平屋風の間取りになっている

 

0122

空間を立体的に捉え、実際の面積以上の拡がりを演出。耐震等級3、省エネ等級4の性能のいいsiestaをベースに、無垢の木を使ったフローリングや漆喰塗りの壁も採用した

 

0221

使いやすいキッチンにこだわり、グレードをアップ。無駄なく動けて使いやすく、掃除がしやすく、デザインもいいTOTOのザ・クラッソを採用した

081

ベランダを設けなかった分、家全体を拡げて、リビングの上部は大きな吹抜けに。吹抜けを渡る空中廊下で各部屋へとつながる、遊び心が感じられるプラン

007

無垢の木と漆喰を使った自然素材の家は、玄関ドアを開けた瞬間から爽やか。広めに設計された玄関には手洗いスペースを設置した

1141

エクステリアのCADや図面のソフトの販売というお仕事柄、門柱などもバランス計画。タイルと塗りを使い分ける等、隅々にまでこだわった

間取りにも素材にもデザインにもこだわった、自分たちらしさが感じられる家を希望されたHさん。

一般的な仕様やありきたりの間取りではなく、一工夫ある家を希望されました。

依頼先は、地元・茨木市の工務店、エッグ住まいる工房。

Instagramにアップされていた施工例を見て、この会社ならこだわれるかも⁉と感じたことがきっかけでした。

担当した代表の竹澤や設計士とも気が合い、想像以上の提案もあり、感動の連続だったというHさん。

メンテナンスに手間やコストがかかるベランダはなくし、その分家の空間を広く設計したことで、

リビングの上部を吹抜けにした広々と暮らせる住まいが完成。

将来的には1階だけで暮らせるように計画しながらも、のびのびと過ごせて、

南側の窓からの光もたっぷりと採り入れた住まいが完成しました。