ハイドアが生み出す空間の広がりを

みなさんこんばんは


ほとんど太陽の出ていなかった一日


ほとんど風の吹かなかった一日


なのにじんわりと汗が噴き出るそんな一日


いやはや、夏が苦手 冬が大好きなのでこの先が思いやられております


エッグ住まいる工房 竹澤貫 です






さて、みなさんは【ハイドア】というものをご存知でしょうか??


百聞は一見に如かず


これです
5a8d61970dc124764156263cbf79386d-e1571909464191



「へえ これハイドアって呼ぶんだー」


そんな感じの方もいれば


「インスタでみたことある!」


というような情報通の方もいらっしゃることでしょう




では少しご説明


最近の家づくりのトレンドとして一つ挙げられるものがありまして


それは『天井の高さ』について



一昔前にはお部屋の天井の高さと言えば


2m20cmや2m40cmあたりが主流でした


興味があればご自宅もはかってみてくださいませ




そんな中ここ数年の風潮としては


その天井の高さを限界まで上げることがトレンドのようになっていました




「ウチの天井は…高い」




竹之内豊さんのCMをご覧になったことある方もいるのでは


天井の高さを上げることで目線が広がりお部屋が広く感じられる


そうした効果に期待しているわけです




そんな中近年デザインの志向として好まれ始めたもの


それがこの「ハイドア」を使ったデザインです


3c94e0d3aa78a9abccb305142668e240-500x337

このデザインにするときの特徴は


実はさっきのお話と少しばかり相反する部分があります



「あえて天井の高さを下げる」



ドアの高さを2m40cmにしているときには天井の高さも揃える


2m20cmのドアならその高さにわざと下げる



こうすることでドアが天井一杯に作られるため、線が減り


めちゃくちゃにスマートな仕上がりとなるわけです





本日地鎮祭を迎えたお住まいではまさにそのドアを採用


完成はもちろん楽しみですが


そのドアの取付けが本当に楽しみ



個別でのご案内はまたご予約募集しますので


どうかその時を楽しみにしていてください^^