商品の 価格の差

みなさんこんばんは




エッグ住まいる工房 竹澤貫 です




直接お会いしたことのあるお客様には時々お話をしている僕の趣味がありまして


それが今流行の【ソロキャンプ】なるものでございます




車で山に行き、焚き火をしながら、道の駅で買った特産のソーセージを焼いて食べたりする




そんなまったりを楽しんでいたりするわけですが


そんなキャンプには当然たくさんの道具が必要になってきます


そこでよく直面する



【見た目全く同じものなのに倍値段違うんだけどなんでなの】問題



有名なブランドVS謎の聞いた事ないブランド という図式





『ブランド品だから高いんだよねきっと』




という一言では片付かないのがネット通販の怖いところ


●付属のキャップがついてない


●金属の淵のバリ(ギザギザ)が綺麗に取れてなくて引っかかる


●穴にゆがみがあり、使えなくはないがやや無理やり突っ込む形になる


●裁縫が少し雑でほつれがある



細かくレビューに耳を傾けると見えてくるこの差


かくいう僕もあんまり高いキャンプ用品を買うのがためらわれて


まあ安いやつ結構買ったんですよ


ほぼ使い捨てのような扱いになりました




モノの質を見極める というのは得てして難しいもの


替えのきくものならまだしも


家づくりではそうもいかないもの



明日は「安い家ってなんで安いんだろう」というお話について少し書いてみます


どうぞ お楽しみに