間取りの考え方と情報収集の注意点

皆々様方こんばんは




まずは先日のお礼から…




完全に公私混同のハッピーなブログを綴ったわけですが


オーナー様や友人からわざわざ「おめでとう」のメッセージがいくつも届きましてですね


兄冥利につきる。嬉しいお言葉


ほんとに嬉しかったです


みなさんどうもありがとうございました…



わざわざメッセージはしてないよという方でも


胸の奥で「おめでとう」と思って下さった方がいるならばその方にも


この場を借りてお礼申し上げます。。。





というわけで改めましてみなさんこんばんは



エッグ住まいる工房 竹澤貫です



さてそんな幸せなニュースもありましたが


嬉しい事に今の僕は日々忙しくお仕事をさせて頂いております


そんな中お客様とのお話しの中で少し「んん…???」と思う事があったので


これは皆さんにもご紹介したいと思い綴ります






テーマはこちら


「間取り」と「要望」と「インターネット」


これ





間取りを考える上でのプロセス


方法は違えど本筋はどのお客様も共通していて



STEP1.情報収集
 ・雑誌を読む
 ・インターネットで調べる
 ・知人・友人で詳しい人や経験者に話を聞く

STEP2.検討
 ・ご夫婦、ご家族で相談する
 
STEP3.決定


-------------間取り確定・工事スタート----------



このような流れ できっと皆さん検討していることかと思われます




今回のテーマはSTEP1のお話し




その中でここ最近圧倒的に増えてるであろう事


それが、インターネットによる情報収集です




インターネットを利用した情報収集は非常に便利で


欲しい情報を自分の思うままに入手できる


それも手軽に


それゆえに僕自身もかなり多用するわけですが


だからこそ


めちゃくちゃ気を付けて下さい


ここで少しクイズを出してみましょう(*´ω` *)





Q.あなたは2階の間取りを考えています。

子ども部屋か寝室のどちらかのみ、南側へ作る事が出来ますが

どちらを南側へ作りますか?








以前まさにこのような状況になったオーナー様がおりました


そして1週間後いらっしゃった奥様はこう言いました




「ネットで調べたら『子どもたちはそう遠くない未来に家を出て行く。

でもご夫婦はその家で一生暮らす。だから環境のいい南面は

子ども部屋じゃなくて寝室の方がいい』って書いてました。」




なるほどぉぅ!と


理屈はバッチリ通っています


どちらの記事かわかりませんがおっしゃる通り





そこで一言こんなお話しをしました。


「子どもたちは日中家にいる事があります。

夏休みや学校が休みの時ですね。

ちなみに、ご夫婦は日中寝室にいることってありますか?」



そこでの奥様の回答は「NO」



「であれば、将来ご夫婦の生活スタイルがどの様に変わるとしても

今南側に寝室を作るメリットはあんまりなくて

むしろ子どもたちの方が朝日を浴びさせることができ

子どもたちが出て行ったあとで南に寝室を作りたい場合

子ども部屋を寝室にすることも出来ますね」




このようなお話しがありました。




結果子ども部屋が南面を取り、寝室は北側へと行ったわけです








僕がこの記事を通して伝えたいことは



「特にインターネットの情報は偏った情報が多くなりがちだから


100%をうのみにするんじゃなくて、きちんと考えて欲しい」ということ




今の例で挙げた子ども部屋を南にする理由。北にする理由。


どっちが正解?と問われてもどっちも正解なんですよね


どっちもすごい正論だと思いません?




結局大切な事は


その家に住むオーナー様にとってどういう暮らし方をするかが大切であって


皆さんとは赤の他人のネット上の人が言ったことは


その人にとっての考え方でありベストに他なりません


そういうお話しはあくまでいち意見として


なるほどー!そういう考えもあるんだねー!といった感じで


参考程度にするのがとってもオススメです




そしてそれはネットに限らず


家づくりの経験がある親族や友人からのアドバイス


それもまた同じです




「その方にとってのベスト」が「みなさんのベスト」と同じとは限りません


言われなくてもわかってるよーと思うかもしれませんが


割とそうでもないのです…



全く経験したことの無いイベントだからこそ


流されるままになっちゃうこと 結構多いので


みなさんも気を付けるようにしてくださいね(*´ω` *)