住宅の設計とは美味しいお弁当づくり

こんにちは。

egg住まいる工房の牧です。

今日は久しぶりの晴れ模様。

洗濯物がよく乾きそうですね。

IMG_20200615_140455
さて、今回のブログは僕が今読んでいる本のお話です。

「住まいの解剖図鑑」という本なのですが、この本は現場監督の正木さんという方が僕のために「読んでみて。ためになるよ」と貸して頂いた本です。

専門的な本にはなるのですがその中で「これは面白いな」という所がありましたので、少し紹介したいとおもいます。

お住まい作りを考える中で、どのような住宅にしようか?間取りはどうしよう?など色々と考えて悩まれる方が多いのでは

ないでしょうか?

この本にはこのような喩え話がかかれていました。


「住宅の設計とは、美味しいお弁当を作ることである」







IMG_20200615_150446-e1592213136132
IMG_20200615_150700-e1592212995719
この写真のように、沢山のお弁当箱があったり、中の仕切りもそれぞれありますが、

どれを選ぶのかは自由だそうです。

どのお弁当箱にしようか迷いますね(^-^;

でも、なんだか楽しくありませんか?

僕は、「おもしろい」とおもってしまいました!

まだ、僕自身この本を読んでいる最中ですが、お住まい作りに対して少し変わった目線に立って考えると

楽しく取り組めることを知りました。

もちろん、ご予算などで悩まれることもあると思いますが、お住まい作りをお客様にも楽しんでもらいたいなと思っています。

まだまだ、勉強中ですが、またこのように発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。