譲れないこと

こんばんは。

エッグ住まいる工房の牧です。

今日は一日ポカポカ陽気に包まれて過ごしやすい日だったのではないでしょうか。

今日から、3月に入り大阪府の緊急事態宣言も解除され、嬉しい反面、また増えるのではないかという

心配な面がありますが、気を引き締めて、この1か月は乗り越えたいですね。

さて、今回のブログはこだわりについて・・・。

と言っても、子どもの靴のお話なのですが・・・。

先日、お休みを頂いた時に、息子たちの靴を買いに行ってきました。




DSC_0142
3足買うつもりはなかったのですが、ある出来事があったので三足買うはめに・・・。

僕自身、前に写っている靴はうちの子供にとって履きやすく動きやすいし、

下の子とももうすぐお揃いで履けるので、いいやと思って長男にすすめたら、まさかの真ん中に写っている靴がいいと・・・

何度か「こっちがカッコいいで」などと進めたのですが、全く譲らず。

きっと、なんか気に入った所があったのかな?(笑)

5歳児にして、「譲れないものがあるんやな」と思い、折れてしまいました。

甘いですね(笑)

でも、このこだわりはきっと大切なはず。

お家づくりを考えているお客さまも「ここは譲れない」という事があるのと一緒だと僕は思います。

そこで、どのように寄り添うか。時には違う提案をしないといけない時もありますが、

今回の息子を通して、すごく勉強になったなとおもいました。

僕も、お客さまとの商談で、こだわりに寄り添いながら、より良い提案が出来るように頑張らないといけませんね。

ちなみに、この靴はハイカットシューズになるので、さすがにこの靴で公園などでは遊びにくいと思い、

お揃いの靴も購入しました。

ただ、このブログを見た方は3足もいらないのでは・・・と思いますよね。

これには、ちゃんとした理由があるのです。

その理由は、もうすぐ発送されるeggタイムズにて書いてありますので、ぜひご覧になって見てください。

きっと、理由が分かると思います。

それでは、またお会いしましょう。