ベタ基礎だから安心?

03


みなさんこんにちは!

エッグ住まいる工房の関口です!



今日は、家を支える基礎のお話です。
何事も、大切なのは基本となる基礎ですよね!(^^)/


それと同じように、家にも基礎と呼ばれる大事な部分があります。
地面から常に家を支えているコンクリートの部分のことを、基礎と呼びます。
「家づくりは基礎から」と言われているほど、重要なものです。

この基礎、大きく2種類に分けられます。
・布基礎(ぬのぎそ)
 昔から現在に渡るまで使われている形状の基礎です。ベタ基礎と違って、「点」で家を支える形状をしています。
・ベタ基礎(べたぎそ)
 多くのハウスメーカーや工務店が採用している基礎です。布基礎が点で支えるのに対して、こちらのベタ基礎は「面」で支える形状をしています。

※ちなみに、布基礎よりベタ基礎のほうが地震に対して安心!という訳では無いのでご注意ください


で、ここからさらに複雑になっていくのですが、ベタ基礎はベタ基礎でも、コンクリートの中に入っている鉄筋の本数や量、そしてコンクリート自体の基準強度次第でも丈夫さは大きく変わってきます。
でも、完成すると、当然ながらこの部分はコンクリートに覆われてしまって見えなくなるわけです。
このように、どちらも同じ「ベタ基礎」に見えても実は中身が違う…なんてことは、家づくりではよくあるお話です。

「〇〇だから安心ですよ!」には、思わぬ落とし穴が潜んでいる可能性があります。


鵜呑みにするのではなく、少しばかり注意を払ってみてください。