北摂で地震に強い家づくりをしています

0114



ブログのページをご覧いただいている皆様、こんにちは!

 

エッグ住まいる工房の関口です。

 



今年はニュースで、「三年ぶりにコロナの制限が無い○○」と言うワードをよく耳にします。

 

思い返せば夏。

 

三年ぶりに開催された全国各所の花火大会も記憶に新しいところ。

 

最近では、三年ぶりにコロナの制限が無いハロウィンや、これからの季節に人気の冬のイルミネーションなど、楽しみなイベントがたくさんあります。

 

そんな中、関口家では家族旅行を計画中です。

 

きっかけとなったのが、娘からの「ディズニーランドに行きたい~!」という一言から^^;

 

ひとまず、12月か1月頃に予定しようかな~なんて思っています。

 

が、やはり気になるのはコロナですよね。

 

イベント事が多くなると同時に感染者数も増加しているので、少し慎重に判断しようと思っています(^-^;

 

 

 

前置きが長くなりました。

 


今日は「基礎」のお話を少し。


(写真は、基礎の配筋検査時の様子です)

 

頑丈な家は基礎から、と言われているほど構造躯体の大切な部分です。

 

現在、工務店やハウスメーカーなど様々な住宅会社があり、

 

中でも、耐震性を重要と考え力を入れている住宅会社は少なくありません。

 

エッグ住まいる工房もその会社の一つです。

 

 

例えば、標準仕様となるベタ基礎。

 

・二階建ての場合、配筋のピッチは建築基準法の300㎜以内に対して200㎜で

・立ち上がり部分は、GL(地面の高さ)から300以上に対して410㎜を確保

など。

 

完成すれば見えなくなってしまう部分、注目しないと分かりづらい部分にも拘って家づくりをしています。

 

 

構造のご見学をご希望の方、いつでも大歓迎です^^

 

お気軽にお声掛けください。