いつのまにか円高に!? 住宅ローンのお話 固定金利と変動金利

0116



ブログをご覧いただいている皆様、こんばんは^^

 

コロナワクチン4回目、皆さま接種されましたか?

冬のピークに備えて接種できる医療機関を探しているのですが、どこも既に予約でいっぱいの状況みたいですね^^;

 

特に、ファイザー製が人気らしく、さらには(オミクロン株に対応した)BA.4-5対応型ワクチンがより競争を激化させているとかなんとか。

 

どこもかしこも既に埋まってしまっていて、一体どうすればいいのか・・・。

 

そんな状況の エッグ住まいる工房 関口です。

 



さて、ここ数日で劇的に円高が進んでいるみたいですね~~。


今日の時点で1ドル138.82円だそうです。


つい先日までは、「歯止めのきかない円安」と騒がれておりました。

1ドル140円台後半・・・、それも1020日には1ドル150円を超えたなんてニュースもありましたね。


なんにせよ、円安の影響で様々な物が値上がりラッシュが続いていましたから、このまま値上がりの波も少しは落ち着いてくれると良いですよね^^

 

私たちも、住宅や不動産を扱う身として常々注視しているところです。

個人的には、やはり「住宅ローンの金利に影響があるかどうか」が気になるポイントです。


 

少しだけ固定金利と変動金利についてお話します。


固定金利の場合は、「新発10年国債利回り」に連動して決まります。

 

・・・・。 


むずかし!(@_@

 

簡単にまとめると、「将来の景気の予測で決まっている」というイメージだそうです^^b

ですので実際に、固定金利は金利が上昇した!なんていうニュースが10月頃に話題となっておりました。

 

それに対して、変動金利の場合は、日銀の政策によって金利が変動します。

したがって、固定金利が上昇したから変動金利も上昇するんだ・・とはなりません。

 

将来の景気予測で決まる固定金利に対して、それを見越した上で日銀が今どうするか、が反映されるのが変動金利のイメージです^^

 

なので、現在の日本のような物価高による世間の声に日銀が影響を受けて、「日本も政策金利を上げます!!」とならなければ変動金利は上昇しません。

 

個人的には、変動金利はこのまま低金利を維持してもらいたいところなので、日銀さん頑張って~!と言ったところです。。

 

 

そんなところで、今日は金利の話をかなりざっくり・少しだけお話させていただきました。

 

それではまた^^