注文住宅 家にこだわる 断熱材に求めるもの

0118



こんばんは。


エッグ住まいる工房の関口です。

 

いよいよFIFAワールドカップが開催されましたね!


(特別サッカーに詳しくは無いです。私はにわかファンです)


 

日本の初戦は11/23(祝水)キックオフ!


お相手は、世界屈指のサッカー大国、ドイツとの一戦。

 

ドイツと言えば、2014年の前々回大会では優勝を成し遂げた姿も記憶に新しい強豪。


しかし2018年の前回大会では、まさかの1次リーグ敗退という苦汁を味わいました。


2022年の今大会では、一体どのような活躍を我々に見せてくれるのか。


そして、我らが日本は初戦をものにすることが出来るのか・・!


今から楽しみでなりません!

 

頑張れ、にっぽん!

 

 


 

さて、サッカーの話題はこれくらいにして、本題に。

 

本日は、断熱材のお話をしたいと思います。

 

昨今、住宅をご検討中のお客様の中で、「省エネ性」や「ZEH」、「HEAT20」などの家の断熱性に関わるワードが注目されております。

 

その背景には、「日本の住宅の断熱レベルは先進国の中でも最低レベル。これをどうにか改善して、断熱性の高い家を普及させよう!」という国の意向があったりします。

 

断熱性能の低い過去の家には「室内間の温度差がもたらすヒートショックという健康被害」「低い断熱性能の住宅ではエネルギーを浪費してしまうためCO2削減が出来ない」こういった問題も何とかしないと。といったところです。

 



現在、住宅会社各社では様々な断熱材が採用されています。

 

グラスウール・ロックウール・発砲系ウレタン・硬質ウレタン・EPS etc...

 

どの素材にもメリット・デメリットがあります。

 

ちなみに、エッグ住まいる工房の標準仕様の断熱材は、「セルロースファイバー」を採用しています。

 

先に挙げたものと同じく、このセルロースファイバーにもメリット・デメリットがあります。


エッグ住まいる工房がこの素材を標準仕様としている理由は、断熱性が高いのはもちろんのこと、「長持ちする家」になるから。

 

壁の中の結露対策にもなる、ちょっと珍しい素材です。

 



断熱材は、完成すると見えなくなる壁の中に施工されます。

 

この壁の中には、柱などの家を支える構造材もぎっしり詰まっています。

 

冬は室内から発せられるエアコンの暖気と冷たい外気に狭まれて、夏にはクーラーの冷気と蒸し暑い外気に挟まれて。

 

そんな過酷な状況の壁の中です。

 

結露が起きてしまうのも無理のないこと。

 

そんなとき、セルロースファイバーだと自ら湿気を吸収し、壁内の乾燥状態を保ってくれます。

 

結果、柱などの構造材が湿気に侵されることなく、末永く新築当時の強度を保てる建物となります。

 


 

温かさはもちろん、家を長持ちさせるという効果のあるセルロースファイバー。

 

よろしければ記憶にお留めいただければ幸いです。

 

それではまた。