家づくりに役立つコラム

澱まない、こもらない。深呼吸したくなる空気と暮らそう

食べ物や飲み物、洗剤などは、人体や地球環境に良いものを選ぶことができますが、漂う空気までは選べません。

選べるとしたら、家づくりをする「今」です。

自然素材を使った家は、建てる時の初期コストや施工面の難しさがネックとなりますが、

この先何十年も、大切なご家族が暮らす家ですので、妥協することなく、良い物を選びましょう。

エッグ住まいる工房は、澱まない、こもらない、深呼吸したくなるような空気の家を建てることを

おススメいたします。








雨天でもカラッと、乾燥注意報が出てもしっとり。快適に過ごせる漆喰塗り壁

漆喰の塗り壁は、自然素材ならではの機能性「調湿効果」という点においてもメリットがあります。

壁そのものが呼吸をするかのように空気中の湿度を調節。

乾燥しがちは冬はしっとり、ムン!と熱がこもる夏やジメジメした日が続く梅雨や台風シーズンも、

気持ちよく過ごせる点が魅力です。






 

できれば、健康に良いものを。標準仕様で選べる漆喰壁

エッグ住まいる工房では、昔から家づくりに使用されてきた、安心・安全の漆喰の塗り壁を使用しています。

シックハウス症候群の原因の一つともされる、人体に影響を及ぼす化学物質を含んだ接着剤を使用しないため、

空気がきれい。家で過ごす時間が増えた今、アレルギーの症状がある方や、ご家族の健康に配慮して

家づくりを行われる方に選ばれています。






壁はどうする?クロスを貼る?塗り壁?でも、どう違うの?

一般的な建売住宅の壁にはクロスが使用されています。
理由は、安くて施工がしやすく、色や柄のバリエーションが豊富なため。
現場ではかなり重宝されていますが、化学物質を含む接着剤が使用されています。
ご入居直後に感じられる新築特有の鼻にツンとくる臭いはそのためです。
「あの鼻にツンとくる臭いが苦手」という方はとても多いため、エッグ住まいる工房では
自然素材の漆喰の塗り壁をおススメしています。







その木は本物? 無垢材と集成材の違いとは?

日本の一戸建て住宅の多くが木造ですが、「天然木」「無垢材」が使用されているとは限りません。

薄くスライスした単板(ベニヤ)をいくつもの層にして接着した合板や集成材、

木目をプリント転写したフローリングが

使用されているケースもあります。

一見、木のように見えますが、デザインが木のように見えるだけの工業製品です。

「天然木」「無垢材」は、製材してからも呼吸を続けており、これが、

木が持つ調湿性や消臭性、夏はサラッと、

冬はふんわりとあたたかく過ごせる快適性を生み出します。

エッグ住まいる工房では、肌に触れる床や柱はもちろん、土台、梁、柱などの構造材、

天井の仕上げ材にも無垢材を使用。木本来のぬくもりやあたたかみを存分に感じていただける、

やすらぎの住まいをご提供しています。