スタッフブログ

2022年5月31日|カテゴリー「関口
0



こんにちは^^

エッグ住まいる工房の関口です。


今回は、柱のお話です。

マイホームの柱を気にされたことはありますか?

自分の家なら柱にはこれを使いたい!というように。

…あまり無いですよね?^^;

ですが、どれだけ安い家を選んだとしても、マイホームは数千万円という高額な価格になるわけなので、出来れば自分の選んだ家にはどんなものが使われているのか、少しだけでも気に留めてもらいたいなと思います。



大別すると、柱には2種類のものがあります。

集成材と無垢材です。

・集成材・・・木と木を接着剤で張り合わせて作った柱のこと

・無垢材・・・柱をまるまる本当の木から切り出した一本ものの柱

当然ながら、どちらもメリットとデメリットが存在しています。

集成材
〇強度が計算しやすい
×接着剤が使われており、長く住むには健康面が心配という声がある
×輸入品が多く、現在は価格が高騰気味

無垢材
〇本物の木なので、人体に無害
×一本ごとに強度がピンキリ
(価格もピンキリ)

など。


家はたくさんの部材で構成されています。全てとまでは難しいですが、数千万円という超高額な物を検討&購入をされる訳なので、代表的な物だけでも気に留めて頂きたいと思います。





勾配天井

2022年5月29日|カテゴリー「関口
0671


こんにちは!

エッグ住まいる工房の関口です。



今回は勾配(こうばい)天井について、少しだけお話しようと思います。

もしかすると、あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、画像のように天井が屋根に沿うようにして斜めに上がっていくような天井のことを、勾配天井と呼んだりします。

通常の平らな天井と比べると、リビング空間の解放感の差は、かなりのものです。

特に「平屋」の家や、二階建てで且つ「二階リビング」の家には相性抜群です♪

また、勾配天井の面に、オシャレなクロスを選んだり、松や杉などの本物の木を使った羽目板を張ったりするのも楽しみの一つです^^

自宅のリビングが、まるでカフェのような空間へと変身してくれますよ♪



平屋や二階リビングで間取りを検討されている方は是非^^






造作(ぞうさく)家具

2022年5月26日|カテゴリー「関口
0443



こんにちは!


エッグ住まいる工房の関口です。



今回は、造作(ぞうさく)家具のお話をしたいと思います。


マイホームを注文住宅で建築するなら、できるだけ家具にもこだわりたい~!

という方も多いのではないでしょうか?^^


そんなときに登場するのが、今回のような造作家具。⁡


例えば、造作のテーブル、造作の本棚、造作の扉、造作のテレビボードなどの収納・家具はもちろん、洗面化粧台なんていうのも造作で作ることが可能です。

※造作とは、大工さんが作ってくれる完全オリジナルの一品もののことです



LIXILさんやPanasonicさんのような有名なメーカーさんの製品は使わず、友達と被りたく無い!という方、せっかく注文住宅だからオンリーワンの家にしたい!とお考えの方にはぴったりです^^


建てる前にとことん打ち合わせができる注文住宅での家づくりならではの選択肢ですね^^


家具屋さんで購入できる家具もめっちゃお洒落ですが、あなただけのオリジナルの一品ものを作ってもらうことも、一度検討してみてはいかがでしょうか??^^


※写真は、キッチン前に作られた造作カウンターの施工例です



家づくりのご参考にぜひ。⁡




屋根の湿気対策

2022年5月23日|カテゴリー「関口
0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e



こんにちは!


エッグ住まいる工房の関口です。


昨日の夜は雷と大雨で大荒れの天気でしたね^^;


今年もぼちぼち台風のシーズンへ突入といった感じですね。



今回は、棟換気のお話です。

住宅の大敵である湿気。


その対策の一つとして、棟換気と呼ばれる構法があります。

この棟換気、湿度の高い暑い季節には、暖かい風が上昇する仕組みを利用して家の一番高い棟から排気をおこない、寒い季節には結露対策の役割も果たしてくれます。


もちろん雨漏りの心配も必要有りません。


もしも、この棟換気がなければ、暖かい空気と一緒に上昇した湿気は逃げ場がなく、屋根裏に篭りっぱなしになってしまいます。


そうすると、家の大切な骨組みである梁や野地板、垂木、そして棟木などの構造材に影響を及ぼすリスクが出てきてしまいます。


昨今、高断熱・高気密住宅へ化が主流となってきている日本の住宅業界ですが、壁内結露や構造躯体への湿気対策も大事にしたいところです。

そんなことを思う今日この頃です。




それではまた^^





建築中の現場からお届け

2022年5月22日|カテゴリー「関口
messageImage_1653184849495



ブログをご覧いただきありがとうございます。


エッグ住まいる工房の関口です。



今回は、軒天(のきてん)のお話。

 

写真は玄関前の軒天に本物の木、レッドシダーを貼った施工例です。


建築途中の現場で外壁の施工前でしたが、かなり見栄えしていました^^

 

ちなみに、こちらの家はビルトインガレージの軒天も同じレッドシダー貼りとなっていて、外から家を眺めた際に目で見える軒天は全てこの仕上げとなっています。

 

軒天を木目調のサイディング、もしくは本物の木の板張りは流行りでもあり、実物を見るとやはり人気なのが頷けます^^

 

特徴としては、

・木の質感で高級感が出る

・暖かくナチュラルな雰囲気になる

など

 

当然ながら100%メリットだけ!というわけでは無いですが、個人的にはおすすめです^^

 

注文住宅をお考えの方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか?