スタッフブログ

室内窓

2022年7月31日|カテゴリー「関口
089



こんにちは!

エッグ住まいる工房の関口です。



今日は「茨フェス」二日目ですね~♪

昨日は夕方に雨が降ったりして大変だったと思いますが、今日は一転してド晴天。

来場者も多く、より一層賑わってそうですねヽ(^o^)丿




さて、今回は「室内窓」について少しお話したいと思います。

室内窓ってご存知ですか?
外と室内を区切っている一般的な窓とは違うこの室内窓。
写真のように、お部屋を仕切っている間仕切り壁に設ける窓のことを指します。
インテリア性も高く人気だったりします。

もしも今、注文住宅の打ち合わせ中という方がいらっしゃれば

間取りを検討される際のご参考になればと思います^^

【特徴】
 〇インテリア性もあってお洒落

 △光や風、においを通

 △音が伝わりやすくなる

 ×費用が掛かる


△の項目は、シチュエーションによってメリットにもデメリットにもなり得ると思います。
また、×の費用については、通常の外壁につける窓よりは比較的安く抑えられます。
ただし、既製品の物なのかオリジナルで造作として作ったりする物なのかによっても、かなり変わってきます。


室内をお洒落なカフェ風の雰囲気にしたい方や、家族とより繋がりのある空間にしたい方にはおすすめです(^^)/





可動棚

2022年7月30日|カテゴリー「関口
0181



今日から2日間、茨木市の夏のビッグイベント 

「いばらきフェスティバル」が開催されていますね!!

エッグ住まいる工房では、過去に何度も出店してきましたが今年は自粛という形になりました。

来年こそはぜひ!(^^)/




今回は、可動棚(かどうだな)についてお話したいと思います。
写真は可動棚をシューズクロークに採用した事例です。
注文住宅の打ち合わせでは、この収納には何を仕舞おうかなぁ、

それに合わせてどんな棚が良いかなぁなんてことも悩ましいポイントのひとつですよね^^
そんなときに便利なのが、この可動棚です。
棚板が一枚一枚独立しているので、置く物によって高さや枚数を自在に変えることができます。
また、棚板や棚板を支えるブラケットによっては、インテリアの一部のように空間をデザインすることも出来ます。



ちなみに、可動棚にも2種類あります。
・持ち出しタイプ(写真はこっちです)
背面にある棚柱からブラケットを伸ばして棚板を支えるもの
・側面支持タイプ
両サイドに棚柱があって、棚板の四方を金具で支えるもの
側面支持タイプの場合は、両サイドに壁が必要となるため場所を選びます。
また、可動棚を本棚として利用する場合にも注意が必要です。
本の重量に棚板が負けてしまい撓んでしまうことも考えられる為、四方で棚板を支える側面支持よりも持ち出しのブラケットタイプがおすすめです。



今日は可動棚について少し触れてみました。


ご参考になれば嬉しいです^^


階段の手すり

2022年7月24日|カテゴリー「関口
082



こんにちは!

エッグ住まいる工房の関口です。



今回は「階段の手すり」について少しお話したいと思います。
「手すりなんてどれも同じじゃないの??」なんて思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、

注文住宅ならではを表現できるポイントだったりします。


写真は、オープンな階段手すりを採用された施工事例です。
スチール製の手すりに白い塗装を施したもので、スタイリッシュな雰囲気を醸し出しています。

また、視線が抜けるよいうになっているので、LDK空間の開放感アップにも効果的です♪

まるで吹抜けの一部のようにも見えますね^^


リビング階段を検討中の方の参考になれば嬉しいです^^

玄関先をお洒落に演出

2022年7月16日|カテゴリー「関口
0034


こんにちは!

エッグ住まいる工房の関口です^^




今回は玄関框について、少しお話したいと思います。
→框(かまち)といいます



家の顔とも呼べる玄関。

来客時に必ず目につく場所。
この玄関を、少しでもおしゃれに、そして広く見せる方法はご存知でしょうか??


それは、上がり框を写真のように斜めにすることです^^
この上がり框、玄関扉に対して並行、もしくは垂直になることが多いのですが、それを敢えて斜めにすることで、よりお洒落さと広さを感じることができるというもの。
ほんとにちょっとしたことですけど、来客時など玄関先でのシーンで「あ、この家普通の家と違うぞ…!」と思わせることが出来たりします(笑)

※ただし、注意点もあります

→間取りによっては斜め框よりも通常の框の方が向いている場合もあったりします
気になる方は設計士さんに相談してみてください。


ご参考までに。


寝室の照明計画

2022年7月15日|カテゴリー「関口
078


こんにちは。

エッグ住まいる工房の関口です^^



今日は寝室の照明について少しお話を。

みなさんはどんな照明器具をお使いですか?

(写真は間接照明を採用した例です)

他にも、シーリングライトやダウンライトも選択肢としてありますね。



それぞれの特徴です。

・シーリングライトの場合は、ベッドで横になったままでもリモコンで操作出来るのが便利ですよね。

・ダウンライトを選ぶ際は、配置が重要になります。ベットで横になった際、頭の真上にダウンライトが来ないように注意しましょう。

・間接照明は、直接光が入らず睡眠に適した明るさを保ちやすいので、寝室に適していると言われています。


寝室の照明計画はベッドを置く位置も大切になってきます。

また、他の部屋とは違って天井を見上げることが多い部屋です。



寝室の照明をお考えの際には、こういったことも少し気にして考えてみると良いかもしれません^^

ご参考までに。