HOMEエッグ住まいる工房の家 > 断熱について

断熱と省エネの当たり前

サッシは断熱樹脂ペアサッシ

サッシは断熱樹脂ペアサッシ以外は使いません。

エッグ住まいる工房ではガラスばかりをペアにしてもサッシ枠が結露する点を見過ごしません。

内部に外の熱が伝わりづらい断熱樹脂サッシを必ず使用します。


LIXIL サーモスL


→YKK エピソード


中と外の色が選べるので、エッグ住まいる工房はサッシ色を部屋に依って細かく分けております。

勿論、玄関ドアも断熱樹脂を使用しております。

断熱材はセルロースファイバー

エッグ住まいる工房では断熱材にセルロースファイバー(王子製紙ダンパック)を使用しております。

セルロースファイバーとは?

セルロースファイバーとは、
パルプを原料とする紙製品を再利用して作られた、人や環境にやさしいエコな断熱材です。

主に新聞古紙をこまかい紙片状にして
専用の装置を使って壁の中や屋根裏などに施工します。
繊維同士の絡まり合いで生じる気泡に加え、木繊維特有の無数の微細な空気胞があり、
この二重の断熱効果で優れた性能を発揮します。
細かい部分も隙間なく施工できるので、効率よく、高い断熱性能を発揮します。
防熱処理としてホウ素系の薬品を混入しており、燃えにくく、燃焼を防ぎます。
もちろん有毒ガスの心配もありません。またホウ素系の薬品を使用しているので、防虫効果もあります。
セルロース繊維自身の多孔性と高密度充填により、高い吸音性を発揮します。
交通騒音を軽減し、雨の音には気付かないほど静かな家を作ります。
木の繊維であるセルロースには湿気を吸放出する性質があるので、
建物を傷める結露を防止し、快適な住まいを実現します。
高断熱の住まいは家の中の冷暖房の効率を高め、無駄なエネルギー消費を抑えることができます。
また、細かい紙片にするだけの製品段階でも消費エネルギーが少なく、
環境汚染の原因を作らないので、とてもエコな材料といえます。
壁へ吹込んでいる施工をしている様子
壁へ吹込んでいる施工をしている様子
2階天井裏に施工した状態
2階天井裏に施工した状態
外壁に面した斜め天井、壁すべてに施工した状態
外壁に面した斜め天井、
壁すべてに施工した状態