社長ブログ

お好み焼き

2021年5月30日|カテゴリー「社長ブログ
13f8be33e00c1d022558cd220c58f181
お天気に恵まれた昨日


スキマ時間でショールームの芝刈りをしました


少し汗ばんで、真っ黒になった手


ついつい芝生に寝転がりたい気持ちを押し殺してお片付けしてました




みなさんおはようございます


エッグ住まいる工房 竹澤貫 です




先日オーナーさんのお家に行ってきました


お好み焼き屋さんを併設する


いわゆる「店舗併用住宅」というやつです



お引渡しして気付けばもう2年になります


時間の流れは速いもんですほんと




そんなオーナーさんのとこにお届け物の用事があったので


ちょろっと寄ってきたんですが



「いやいやもう入って入って!!そんななんもおもてなしできひんけどー!」



と熱烈に迎えられ


というか行くたびいつもこんな感じですけど笑



コーヒーをお呼ばれして、少しお話して、


「よかったら食べてって!!」とお好み焼きまでご馳走になり


お家のお手入れの仕方の質問に答えたりしながら緩やかな時間を


楽しく過ごさせていただきました




行くとニッコニコで下の子が突撃してくるんですよ


今もう中学生になった多感な時期やと思うんですけどね


「貫にいちゃん来たん!?」って


嬉しい限りで



思えば小学校3年生くらいのころからのお付き合いと思えば


そりゃ長い付き合いやと感慨深い




今お打ち合わせ中のオーナーさんや工事中のオーナーさんにもよくお話するんですが


お引渡ししたあとって用事がないと中々行く機会もなかったりなので


こうして顔を見れて


「何か困ったこととかないですー?」なんてお話したりする時間はありがたかったりします



今は緊急事態宣言下なので中々難しいかもですが


お好み焼きめちゃくちゃにおいしいのでよかったらまた


行ってみたいです~ なんてご相談もお受けします笑


ぜひぜひお気軽にお声かけ下さい

ウッドショック

2021年5月15日|カテゴリー「社長ブログ
耳慣れない言葉


それもそのはず、おそらくこの言葉が生まれたのもきっとここ数日のことでしょう




みなさんこんばんは エッグ住まいる工房竹澤貫です





建築関係の仕事に従事する人は皆ひと月ほど前からこの話を聞いていて


その話題は今や一般の皆様の耳にも届くまでとなりました




アメリカで新型コロナウイルスの建築の需要がすさまじい勢いとなり


結果木材が大量に必要になった


アメリカで木材の需要と供給のバランスは大きく崩れ


「少しぐらい高くても」と木材を買うように


その価格は日に日に高騰し


今では当初の4倍にも膨れ上がった





これがウッドショック


「じゃあ日本の家も値段が4倍になってるの?」


そんなご質問もありましたが、そうはなっていません


今現時点で日本国内で受けている影響


それは価格の部分ではなく



そもそも木材が輸入されなくなってしまっている



ということ


アメリカでそれほどまでに木材の需要が高まっているため


各国から根こそぎ輸入材をかき集めている状況


結果輸入材が日本に回って来なくなってしまっている


そういうわけです





実際のところどんな影響が具体的に出ているかというと


その影響の受け方は各社様々


既に材料の注文ができず工事をストップしている会社もあれば


友人の勤めている会社では7月以降の木材の目途が立ってないとか



幸いにも僕たちの会社は国産材を多く使う会社なため


直接的な影響はあまり今のところ受けずにで済んでる状態


でも年明けごろにどうなってるか?というと見通しは立ってない


そういう怖さがある状態




こうした大きな何らかのトラブルが起こっているときこそ


皆様ご自身で「今何がおこってるの?」と


そういうことに対してしっかり調べてみてください



今まさに新築をご検討の皆さんは


これからの木材の動向に目を見張るようにしてみてください

ウイルス・ワクチン

2021年5月11日|カテゴリー「社長ブログ
みなさんこんばんは




エッグ住まいる工房 竹澤貫 です




なんかこう 今日は結構ミーティングというか


会議してる時間が長かったので


すっかりとっぷりな時間になってしまいましたが


それが終わり いつも通り何となくネットニュースを見てました




「    茨木市にて…」




ん?茨木市?


と思いチェック。全国規模のネットニュースになっている記事を発見


内容はどうやら、ワクチン接種のために並んだ高齢者の方と


それに対する対応のことで炎上 というかひと悶着あったという内容




うわちゃー…と 悲しいニュースで茨木市出てしまうの切ないなぁ・・・




前回ブログで書いてた三次被害に通ずるものがあるなぁって思うニュースでした




新型コロナウイルス第一波のあった昨年3月


そのころに僕はブログであることについて書いてました


「トイレットペーパーとかなくなってんのおかしいんやで」と



どこかのだれかから聞いただれかに聞いた情報



それが波紋を呼び、広がった、トイレットペーパーなくなるらしいで 



その声を受けて皆がこぞってトイレットペーパーのストックを買い占めに駆けずり回りました


結果家に全くトイレットペーパーのない「本当に今必要な人」の手元に


それが届かない事態




ウイルスはもちろん怖いです


でもそれと同じくらい 僕は人が怖い




このニュースをうけて、市が悪いのか、市民が悪いのか


そんな話をするつもりはないです


ですが、コロナの影響を受けて


対応する側だった茨木市も


ワクチンを受けたがって並んだ人も


疲弊し、すり減っている




綺麗ごとかもしれませんけど


こういうときこそお互いがお互いを思いやって


何か口から発するときに少し相手を気遣える


そうありたいと思うニュースでした

巣籠りの大型連休を経て

2021年5月8日|カテゴリー「社長ブログ
みなさんこんにちは


大型連休が明けて回りの友人たちからも


「家からほとんど出てないからあんまり休めた気がしてない」という声も


身体は休まれども心は休めていない といったところでしょうかね汗


やはり家から出られないストレスもあろうかと


少し遠くにお出かけ としたいところですね





エッグ住まいる工房 竹澤貫 です





かくいう僕はほとんど普通にお仕事してたので


のんびり事務所で作業にいそしんだり


お客様方とのお打ち合わせをしてたりといったGWとなりました




5月11日で一旦終了とされていた緊急事態宣言




5月31日まで延長されることとなりました


仕方ないなと


打撃を受ける飲食店や大型商業施設に勤められているみなさんへの


そちらが何より心配なところですが




中々感染拡大が収まらない現状どうにか抑え込もうという


かといって電車をストップさせるようなロックダウンなど過度な防衛は


明らかに経済的打撃が大きくなるためその策を講じることができない




医療機関が、国が、ひっ迫する背景の中でなんとか対策をしている





2年前 大阪で大きな地震がありました


その時に僕は住んでいたマンションの中で理事長をしていて


地震への備え方、対策の仕方について300世帯の住人の方々の前でお話をする機会がありました


(全員は来てなかったですけど)


そこで皆さんから共感を得て、そうするべきだと声が上がったのが


2つの言葉でした



自助 と そして 共助



まずはお住まいの皆さんひとりひとりが


万一地震が起こったときにどうするか


それぞれが誰かが助けてくれるだろう ではなく


自分たちで自分の身を守るための努力を一度見直しましょう



と お話しました



そして、そのうえで


お年寄りの多く住むマンションだからこそ


お隣に住む方、周りに住む方に対して


まず自身の安全を確保したうえで


ほんの少しのゆとりを周りの方に向けて


気にかけてみてほしいと


そんな話をしました





おじいちゃんおばあちゃん大喜び





若いのに大したもんやと大はしゃぎされましたけどもね




この新型コロナウイルスの対策もまた同じことだと思ってます


ひとりひとりがうつされないよう気を付ける自助


そして、うつさないよう気を付ける共助



僕たちは個人ではなく会社としてそのことを心掛けて


取り組んでいきます



在宅の機会が増えて何らかのストレスを受けやすい環境かと思います


もう少しの辛抱


そう言い聞かせて なんとか乗り切って


マスクを外してみんなで乾杯したいものです